アイピル通販

投稿者: | 2020年12月22日

アイピルは避妊に失敗した、避妊せずに性交してしまい妊娠の恐れがあるという時の最終手段として用いる経口避妊薬です。
性交後できるだけ早く服用すれば、12時間から24時間以内であれば約99%の確率で避妊が成功します。
早く服用すればしっかりと避妊効果は出るのですが、アイピルは医薬品ですから少なからず副作用のリスクはあります。
これはアイピルに限ったことではなく、アイピルの先発医薬品であるノルレボも同じような副作用のリスクがあります。
アイピルの副作用としては、服用後に吐き気や嘔吐を引き起こしてしまうこともあります。
実際にアイピルを服用して数時間の内に副作用の吐き気により嘔吐してしまったというケースもあるのです。
この場合、服用してすぐだとアイピルが十分に作用しないうちに吐き出されてしまうこともあるので、2時間から3時間以内に嘔吐してしまった場合には妊娠してしまう恐れがあります。
ですので、アイピルを服用した後はなるべく食事やアルコールの摂取は控えたほうがいいでしょう。
また副作用としては服用から1週間以内に消退出血と言われる月経のような出血があります。
その他にも、頭痛や倦怠感、眠気など一般的な月経時に見られる症状もあらわれることがあります。
そしてアイピルを服用後、3週間程度すると月経が来るので、避妊が成功したかどうかはそこで判断できます。
ただ妊娠初期の出血ということもありますので、性交をしてから3週間以上経過してから妊娠検査薬で確認してみるといいでしょう。