ドラッグストアと薬局(調剤薬局)の違いは?

薬局マップ トップ > 最新記事一覧 > ドラッグストアと薬局(調剤薬局)の違いは?
更新日:2013年11月28日

ドラッグストアと薬局(調剤薬局)の違いは?

よく「ドラッグストアの○○薬局グループ」なんて言い方をしたりしますが、ドラッグストアと薬局の違いって何なのでしょう。最近はお薬専門でないお店にもお薬が置かれていますが、どういう扱いになるのでしょうか。

薬局(調剤薬局)とは

薬事法では、一般の生活者に対してお薬を売ることができるお店は、薬局と店舗販売業の2つに大きく分けることができます。この線引きは、薬剤師がいて調剤ができるかどうかの違いになります。
薬事法で定義されている「薬局」をひと言で言うならば、「調剤をする場所」と言えます。調剤室があるので、薬剤師がいて、病院やクリニックから出された処方箋を持っていくと、そこで医療用の医薬品を調剤してくれます。最近では、薬局にも医療用医薬品以外に、市販の一般用医薬品や化粧品、お菓子や雑貨等も置かれたりすることもありますが、調剤をメインにやっている所として「調剤薬局」と言ったりします。
一方、店舗販売業は、調剤はできませんが一般用の市販薬を売ることができる場所ということになります。
つまり、薬局と店舗販売業の違いは、調剤室があり調剤ができるかどうかということになります。よく街を歩いていると、「○○薬局」とか「○○ファーマシー」という店の名前がありますが、調剤室がない店舗ではこういった名前をつけることができないため、「○○薬品」とか「○○薬舗」とかいう名前を使ったりします。

ドラッグストアとは

ドラッグストアについては、薬事法での定義はありません。業界団体である日本チェーンドラッグストア協会では、『ドラッグストアとは、医薬品と化粧品、そして、日用家庭用品、文房具、フィルム、 食品等の日用雑貨を取扱うお店』と定義しています。つまり、いわゆる薬屋さんや化粧品屋さんとは違い、健康で美しく、しかも日々の生活に 欠かせないさまざまな商品を置いている店舗ということになります。
ドラッグストアの中には調剤室も持っていて調剤を受け付けているところがありますが、薬事法上では薬局ということになり、調剤併設型ドラッグストアとして他のドラッグストアと区別して呼ばれることもあります。
まとめますと、調剤室があり調剤できるところが薬局、その中でも調剤をメインにやっている所が調剤薬局、お薬以外にも化粧品や食料品・雑貨などいろいろ扱っているのがドラッグストアということになります。

【タグ】