知っていればお得! 調剤薬局選びのコツとは

薬局マップ トップ > 最新記事一覧 > 知っていればお得! 調剤薬局選びのコツとは
更新日:2013年11月28日

知っていればお得! 調剤薬局選びのコツとは

調剤薬局を選ぶ基準とは? 時間がかからない所がいい、説明が丁寧なところがいい、面倒だからとにかく病院や自宅に近いところでいいとか…? 薬局を選ぶときにチェックしておいたほうが良いポイントをあげてみます。

調剤薬局を選ぶときの最低限チェックしておきたいポイント

まずチェックしたいのが外からでもわかる見た目で、清潔感のある身だしなみをしてるかのチェックです。やはりできればより清潔そうな所で調剤してもらいたいものです。
次に薬を渡されるときにカウンターの仕切りや配置など患者のプライバシーに対する配慮があるかどうかです。周りの他の人にも症状等が聞こえるような大きな声でしゃべったりしていないか、スタッフが笑顔を穏やかに対応しているかどうかも重要なチェックポイントです。

患者さんに対する対応のチェック

お薬を渡すときTPOをわきまえて、心配性な人には丁寧に、急いでいそうな人にはポイントを要領よくかいつまんで説明し、ちょっと調子悪そうな人には近くに行って声をかける等、常に患者を観察し、店の混み具合も考慮し臨機応変に対応してくれる所は気持ちがいいものです。
本当に知りたいことをちゃんと服薬指導してくれるか、不安にちゃんと応えてくれるのかというところも重要なポイントになります。またわからないときも知ったかぶりしないで誠実に調べてくれるような薬局には誠意を感じます。

少しでも安い調剤薬局を選びたいなら

同じお薬でも、1つの医療機関からの処方箋が占める割合が多く、薬剤師がいっぱいいる薬局は調剤基本料が安くなります。この条件を満たす薬局はと考えると、大病院のそばにあり薬剤師がいっぱいいる薬局がその可能性が高くなります。
また後発医薬品(ジェネリック医薬品)の提供体制が整っている薬局で、後発医薬品をよく出しているような薬局があれば、薬代を安くできる確率が高くなります。
もし、専門のクリニックのそば等で長年通っている薬局から後発医薬品を調剤してもらっている場合は、わざわざ大病院のそばの大きな調剤薬局までいく必要はないでしょう。
値段が安い、待ち時間が少ないというのも魅力の1つである一方、多くの人が信頼できる薬剤師がいるから、相談によく乗ってくれるからということで、かかりつけの調剤薬局を決めているという調査結果がでています。

【タグ】