コンビニでも薬が買える時代が到来!?

薬局マップ トップ > 最新記事一覧 > コンビニでも薬が買える時代が到来!?
更新日:2013年11月28日

コンビニでも薬が買える時代が到来!?

お薬を店舗販売するには、薬局か店舗販売業の許可が必要です。コンビニでも許可を取れば、販売や処方は可能です。実際に化粧品から食料品、日曜雑貨まで販売する調剤併設型のドラッグストアやコンビニがあります。

薬が買えるコンビニってあるの?

お薬が買えるコンビニもありますが、まだほとんどのコンビニではお薬を買うことはできません。なぜならば、店舗販売業の許可を取っていないからです。
それではなぜ店舗販売業の許可を取っていないかというと、許可には店舗の構造設備が基準に達していなければならず、かつ薬剤師または登録販売者の勤務状況が条件に適合していなければならないからです。
構造設備的には、店舗全体の面積、調剤室の面積、必要とする器具や設備等の規定があります。人的なハードルについては、営業時間にお薬を売るために薬剤師か登録販売者の資格者が勤務していることが条件となり、一部のリスクが高い医薬品は薬剤師しか販売できないため、販売には薬剤師の確保が必要になります。しかし、登録販売者は薬学部卒業者でなくても1年の販売実務経験を積むことで受験できることから、リスクが高くない薬(第1類医薬品以外の市販薬)の販売については、コンビニやスーパーでの販売のハードルは下がりました。
大手コンビニでは、調剤薬局と提携することで調剤薬局を併設した店舗をオープンさせたり、登録販売者を雇用したり、登録販売者の資格を従業員に取得させたりすることで市販薬を販売する店舗を増やす動きがあり、少しずつですが深夜にも薬が買えるコンビニ等が増えてきています。

医薬部外品としてコンビニで売れるようになった医薬品

以前、薬局やドラッグストアでしか買うことができなかった医薬品の一部が、コンビニでも買えるようになりました。この時は医薬品自体を医薬部外品とすることによって、法律上コンビニやスーパーでも売れるようになっています。1999年と2004年の2回に分けて、人体に対する作用が緩和な医薬品が次から次へと医薬品から医薬部外品に移行され、医薬品の販売業の許可を持っていなくても自由に販売できるようになっています。以前医薬品だった医薬部外品はパッケージには「指定医薬部外品」と記載されていますので、すぐわかるようになっています。

【タグ】