市販薬のパッケージにある「第②類医薬品」の②って?

薬局マップ トップ > 最新記事一覧 > 市販薬のパッケージにある「第②類医薬品」の②って?
更新日:2013年11月28日

市販薬のパッケージにある「第②類医薬品」の②って?

薬局やドラッグストアで市販薬を買うとき製品パッケージをよく見ると、「第1類医薬品」とか「第②類医薬品」などの記載があります。これらはどういう違いがあるのでしょうか?

リスク区分によって違う市販薬の取り扱い

薬局やドラッグストアで市販薬を買うとき製品パッケージをよく見ると、「第1類医薬品」とか「第②類医薬品」などの記載があります。第②類医薬品は、インターネットでは「指定第2類医薬品」と記載されていたりします。
薬剤師以外に登録販売者も市販薬が販売できるようになった時に、市販薬をリスクによって第1類、第2類、第3類に分け、第2類医薬品の中でも特に注意が必要なものを指定第2類医薬品として注意することになりました。製品表示や広告ではそれぞれのリスク区分を記載し、指定第2類医薬品は、「第②類医薬品」等のように2を丸や四角で囲んで表示することになっています。
第1類医薬品は、特にリスクが高い医薬品で、医療用からスイッチされたばかりの製品や、今まで医療用にもなかったものが直接OTC医薬品(市販薬)として販売されるようなもの等が含まれています。
薬剤師でなければ販売できず、原則購入する人に書面をもって注意事項等を説明することが義務づけられた医薬品です。また消費者が手に取れるような所に置くことが禁止されているので、空箱などが置かれていたり、ケースにカギがかけられてたりします。
その他、第2類医薬品はリスクが比較的高いもので、第3類医薬品はリスクが比較的低いものになります。第2類医薬品、第3類医薬品については薬剤師だけでなく登録販売者も販売することができます。また相談された場合は薬剤師または登録販売者が対応しなければいけませんが、販売に際しての説明は第2類医薬品が努力義務、第3類医薬品では規定がありません。

扱いが特別な第②類医薬品

第②類医薬品(指定第2類医薬品)は、第2類医薬品の中で「特に注意を要する医薬品」として厚生労働大臣が指定しています。重篤な副作用が出てきやすい風邪薬等に多く見られます。
この指定第2類医薬品を陳列する場合には、医薬品の情報提供を行うカウンターから7メートル以内の所に陳列するように規定されていて、さもなければカギをかけたり近づけないような措置をして手に取れないような対策をとることになっています。指定第2類医薬品等が多い風邪薬等がレジカウンターの後ろにあったり、カウンターの近くに陳列されていることが多いのはこのためです。
また、日本OTC医薬品協会では、第1類医薬品と指定第2類医薬品の広告をする際には、「使用上の注意をよく読む旨」を必ず入れるよう規定しています。

【タグ】