電子レンジ加熱式湯たんぽとその注意点

薬局マップ トップ > 最新記事一覧 > 電子レンジ加熱式湯たんぽとその注意点
更新日:2014年03月06日

電子レンジ加熱式湯たんぽとその注意点

最近人気なのが電子レンジ加熱式湯たんぽ。手軽に使えて繰り返し利用できるのもいいですね。でも、気を付けないとやけどすることもあるのです。

最近、冷え症の人に人気が出てきているものに電子レンジ加熱式湯たんぽがあります。使い捨てカイロと違い、電位レンジでチンするだけで心地よい暖かさで冷たい足元もあったかになります。繰り返し使用でき、寝る時も布団に入れて冷えた足先を温めることが大きなメリットになっています。

電子レンジ加熱式湯たんぽの特徴

電子レンジ加熱式湯たんぽは、携帯性という面ではカイロに軍配があがりますが、なんといっても、手軽で何回でも使えて経済的というところが大きいかと思います。さらに体に貼ったまま寝てしまうと低温やけどをしてしまうカイロとは違い、布団の中でも使えるというメリットがあります。
使い方はジェルが入った袋を電子レンジで加熱することにより、ジェルが暖まり温かくなります。夜寝るときに布団の中に入れると、だいたい一晩中暖かさが保たれます。最近では電子レンジで温める代わりに、アダプターがついていて家庭用電源を使う商品もあります。
電子レンジ加熱式湯たんぽは、電子レンジのオート加熱やおまかせ加熱などの機能を使わず、電子レンジの出力や加熱時間をしっかり守って使うようにしてください。ちょっと温かさが足らないなと思った場合は、手でもみほぐしてから、温かさを確認しながら10秒~20秒ずつ追加加熱していきます。このときレンジの出力を強くしてしまったり、加熱時間をオーバーして加熱しすぎてしまうと中袋が破れて、高温になったジェルが漏れたり飛び散ったりしてやけどの原因にもなりますので注意してください。

夜眠れない冷え症にお奨めの電子レンジ加熱式湯たんぽ

電子レンジ加熱式湯たんぽは、低温やけどを防ぐために専用のカバーがついていたりしますが、必ずこの専用のカバーをするようにしてください。最近ではかわいいアニメキャラクターや、動物タイプのカバーの商品も出ています。
この電子レンジ加熱式湯たんぽは、特に冷え症の人にお奨めです。冷え症の人の悩みで多いのが、夜布団に入ってからも足先が冷たいままで、すぐに暖まってくれないということで、なかなか寝つけないつらさを訴える人がいます。レンジでチンするだけなので通常の湯たんぽよりも手軽です。

低温やけどしないための上手な使い方

電子レンジ加熱式湯たんぽは、専用のカバーがついていて、加熱方法を書いてあるとおりにしていれば比較的安全に使用できます。しかし、長時間同じ部位に接触することによって低温やけどとなる可能性もあります。足先にカイロを直接つけるのではなく、ももの付け根あたりの体に触れない部分に置くとよいでしょう。足先に近く、布団で保温されている中で温められるので、自然と足先まで暖まりますし、低温やけどにもなりません。