ひび・あかぎれに効く医薬部外品軟膏

薬局マップ トップ > 最新記事一覧 > ひび・あかぎれに効く医薬部外品軟膏
更新日:2014年09月15日

ひび・あかぎれに効く医薬部外品軟膏

医薬品ではなく、一般のコンビニやスーパーでも買える指定医薬部外品という形で、ひび・あかぎれ、しもやけや手足のあれの緩和、皮膚の保護といったような効能をもった商品があります。

ひび・あかぎれのでき方とそのケア

手指の皮膚やかかとに亀裂が入った状態になるのが、ひび・あかぎれですが、これは皮膚バリア機能が正常に働かなくなり、皮膚が固く弾力を失うことにより、皮膚が割れて「ひび」が起こり、さらに割れた部分が深くなり内部に赤く出血したり、炎症が起きてしまい「あかぎれ」になっていきます。
炊事や仕事でいろいろな洗剤等を使うことにより皮膚が刺激されたり、皮脂が不足することによって起こる手湿疹・慢性接触皮膚炎が原因となり起こってきます。
ひび・あかぎれになってしまったら、手指の保湿に心がけ、ビタミンE等が入った軟膏等でケアします。もし痛む場合は、絆創膏を貼るなどして保護するとよいでしょう。また水場での仕事では、ゴム手袋を使ったり温めたりするとよいでしょう。

コンビニやスーパーで買えるひび・あかぎれの薬

コンビニやスーパーで買えるひび・あかぎれの薬は、平成11年及び平成16年に規制緩和として作用が緩和で比較的安全なものが医薬品から指定医薬部外品へ移行され、薬局やドラッグストア以外でも買えるようになりました。これらは、配合されている成分によって効能が決められていて、1日数回適量を患部に塗布するような形で使用します。

成分によって効能が違う、指定医薬部外品

ひび・あかぎれに関しては全て共通ですが、殺菌成分クロルヘキシジンが配合されているものは、すり傷・靴ずれ、鎮痛作用のあるメントール・カンフル配合のものには、しもやけ、ビタミンA・Eを配合しているものには、しもやけや手足のあれの緩和などがあります。また損傷皮膚をはがし、表皮の形成を促す働きがあるアラントインが配合されたものは、皮膚の保護等の効能をつけることができるようになっています。

ひび・あかぎれに効く医薬部外品の成分

ビタミンEは、皮膚の血行を促し保湿効果が期待できます。クロルヘキシジンは、グラム陽性菌・陰性菌など幅広く殺菌作用を現す優れた殺菌成分で、患部の殺菌消毒にすぐれた効果を発揮します。メントールやカンフルはおだやかな局所冷感刺激があると当時に痛みを抑えます。アラントインはヒレハリソウの根茎部分の有効成分で、抗炎症作用、組織修復作用があります。