体脂肪が気になる方のトクホの上手い利用法

薬局マップ トップ > 最新記事一覧 > 体脂肪が気になる方のトクホの上手い利用法
更新日:2015年01月15日

体脂肪が気になる方のトクホの上手い利用法

ダイエットというと、やはり気になるのが体脂肪です。最近では特定保健用食品(トクホ)でも「体脂肪が気になる方」向けに、ついてしまっている体脂肪を低減する働きをもったものがあります。

ダイエットで体脂肪関連のトクホを選ぶコツ

体脂肪関連のトクホを選ぶ際に、表示をみてみると「体脂肪が気になる方に」とか「脂肪の吸収を抑える」といったいろいろな表示のものがあります。既に体脂肪がついてしまって減らしたいという方は、脂肪の吸収を抑えるものより、体脂肪燃焼を助けるものを選ぶと良いでしょう。
大切なのは、体脂肪燃焼を助けるものなので、運動もきちんと行うようにすることです。トクホで脂肪燃焼の効果が証明されているのは、運動をすることによる体脂肪燃焼の効率を上げるということであって、飲んでいれば勝手に脂肪が燃焼してくれるというものではありません。

脂肪を燃焼しやすくする高濃度茶カテキン

トクホの製品にも、高濃度茶カテキンを配合したお茶などがあります。茶カテキンは緑茶に多く含まれているポリフェノールの一種であり、緑茶独特の渋味を出している成分です。
茶カテキンは、すぐれた抗酸化作用や抗菌作用があり、体脂肪の吸収を抑えるだけでなく、血糖・血圧・コレステロールの上昇なども抑えてくれます。
茶カテキンは煎茶や番茶の多く含まれていますが、茶カテキンは低温では抽出されにくいので、沸騰したお湯など温度が高めのお湯でお茶を煎れることをおすすめします。
トクホの高濃度茶カテキンは、1本中に緑茶5杯分相当の茶カテキンが含まれていて、運動などで体脂肪が燃焼するのを助けるためダイエット効果が期待できます。

茶カテキンで脂肪燃焼効果がアップするワケ

脂肪が分解して燃焼していく体のしくみの中で、肝臓の中にあるβ酸化関連酵素という酵素が関与しています。この酵素は、肝臓に入ってきた脂肪に火をつけて燃やし、エネルギーに変えてしまう働きがあります。しかし、摂取した脂肪の量が多かったり、この酵素の働きが弱くなっていると、分解しきれなかった体脂肪が体の中にたまり、やがて肥満になっていきます。
高濃度茶カテキンは、この肝臓での脂肪の火付け燃焼役である酵素の応援団で、酵素の働きを活性化し強くします。したがって、運動などによる体脂肪の燃焼効率があがり、ダイエットにも効果が期待できます。つまり、入ってくる脂肪を抑えるだけでなく、すでに体の中に溜まってしまっている脂肪を減らす働きがサポートされるので、ダイエットにも効果が期待できます。