ミネラル(カルシウム・鉄)の栄養補給

薬局マップ トップ > 最新記事一覧 > ミネラル(カルシウム・鉄)の栄養補給
更新日:2015年02月09日

ミネラル(カルシウム・鉄)の栄養補給

ミネラルの補給ということに関しては、医薬品ではカルシウム剤と鉄剤があります。一方サプリに関しては、カルシウムと鉄以外にも、銅・マグネシウム・亜鉛といったものに栄養機能表示が認められています。

OTC医薬品のカルシウム剤・鉄剤

カルシウム主薬製剤は、妊娠授乳期・老年期・発育期のカルシウム補給、虚弱体質の場合の骨歯の発育促進、骨歯の脆弱防止、腺病質等の効能があります。さらにカルシウム製剤に関しては、医薬部外品としても認められています。医薬品や医薬部外品は、成人1日カルシウムとして300~700mgを目安として乳酸カルシウムやグルコン酸カルシウムがカルシウム源として配合されています。水なしで口中で噛んで服用できるチュアブルタイプのものやドリンクタイプのものもあります。
医薬部外品の中には、カルシウムの量などの関係から、骨歯に関する効能はなく、妊娠授乳期・老年期・発育期のカルシウム補給の栄養補給効能のみになっているものもあるので注意が必要です。OTC医薬品の鉄剤は、フマル酸第一鉄等が用いられていて、硫酸銅や硫酸コバルト、硫酸マンガンの他、シアノコバラミンや葉酸等を配合して、鉄欠乏性貧血等の貧血に対して用いられています。

サプリとしてのミネラルの有用性

サプリは鋭鋒補給を目的とした食品なので医薬品のような効能効果はうたえませんが、栄養機能食品であれば、栄養機能を表示広告することができます。栄養機能表示は栄養素としての働きが認められたもので、1日の目安量のうち一定量のミネラルを含む食品に対しては、栄養機能表示をすることができます。
機能表示できるミネラルは、カルシウム・鉄・マグネシウム・銅・亜鉛の5つで、表示広告できる栄養機能は次のようになっています。カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。鉄は、赤血球を作るのに必要な栄養素です。マグネシウムは、骨や歯の形成に必要で、多くの体内酵素の正常な働きとエネルギー産生を助けるとともに、血液循環を正常に保つのに必要な栄養素です。銅は、赤血球の形成を助け、多くの体内酵素の正常な働きと骨の形成を助ける栄養素です。亜鉛は、味覚を正常に保つのに必要で、皮膚や粘膜の健康維持を助け、蛋白質・核酸の代謝に関与して、健康の維持に役立つ栄養素です。

カルシウムと一緒に摂ると相性のよい成分

カルシウムのサプリと一緒に栄養補給したい、カルシウムと相性のよい成分がいくつかあります。マグネシウムは体の中でカルシウムやカリウムの代謝を左右します。カルシウムとマグネシウムの比率の黄金比は2:1となっていて、この比率でカルシウムとマグネシウムを配合したサプリもいろいろ市販されています。
ビタミンDはカルシウムの吸収を促進する働きがあるので、カルシウムと一緒に摂りたいビタミンです。必須アミノ酸でもあるリジンは、回腸からのカルシウム吸収を促進するので、一緒に摂ると効率よくカルシウムが利用できます。