健康・医療/胃腸薬・便秘薬の記事一覧

薬局マップ トップ > 最新記事一覧 > 健康・医療/胃腸薬・便秘薬の記事一覧
12件中、1件から12件を表示しています。
<前 次>
  • Jv117 72a

    胃腸の調子が悪かったり、便秘ぎみだったりするのは、生活環境による影響も大きく受けています。効き目が優れた薬を飲んでいても、一因となっている生活習慣を改善していかないと薬の効果も半減してしまいます。

  • Phm06 0425

    市販の胃腸薬・便秘薬は、成分によって使用してはいけない人やケース、さらに使用にあたって特に注意しなければならない事項があります。また市販薬を使うことによって起こってくるリスクも理解しておくべきです。

  • Jv199 72a

    漢方胃腸薬と言われるように、胃腸症状に効能をもった漢方処方が多く市販されています。また便秘においても漢方製剤が多くそろっています。しかし漢方は体質に合ったものを選ばないときちんと効いてくれません。

  • Phm06 0458

    市販の便秘薬は、個人差や便秘の程度により効き目が人それぞれなので、用法・用量が幅記載になっています。従って便秘薬の賢い利用法は、いかに症状に合わせて服用する量を上手く調整していくかになります。

  • Jv115 72a

    ヘルニアや腸に何らかの疾患がある場合は、医療機関で診療を受けることが必要ですが、いわゆる市販薬でケアできる便秘には大きく分けて4タイプあり、それぞれ原因や特徴が違っていて、ケアの仕方も異なります。

  • Phm06 0477

    市販の便秘薬には、いろいろな成分が配合されていますが、自分にあった配合成分の市販薬を選ぶことが大切です。いつ飲んだらよく、飲んでからどのくらいで効いてくるのか等は成分ごとに知っておくと便利です。

  • Jv175 72a

    市販されている胃腸薬の賢い利用法は、配合されている成分の違いを理解し、いかに自分の症状に合った薬を選ぶかということです。胃痛・胃もたれの改善に、胃酸分泌・胃粘膜保護に関わる成分の違いをまとめました。

  • Phm06 0476

    薬局やドラッグストアでは、多くの種類の胃腸薬が販売されています。胃腸薬の効能は食べ過ぎから胃痛に至るまで多岐にわたっていますが、自分の症状に合う効き目がある成分が入ったものを選ぶことがポイントです。

  • Phm06 0444

    市販の胃腸薬には、多くの成分が配合されています。そして成分によっていろいろと働きも違っています。胃腸薬を選ぶ際には、それぞれの成分の特徴を理解し、自分の症状にあった成分が入っているものを選びます。

  • Phm06 0463

    薬は薬局やドラッグストアのように販売許可がない所でないと販売できません。しかしコンビニやスーパーには、かぜ薬等はないものの胃腸薬や便秘薬が置いてあったりします。これはいったいなぜなのでしょうか。

  • Jv116 72a

    お腹が痛くて内科に行くと、胃腸薬を出されたりしますが、病院で処方される胃腸薬は種類も多く、胃痛に対してもその効き方の違いによりいくつかに分類することができます。また医療用ならではの成分もあります。

  • Jv115 72a

    私達は、おなか痛いときに市販の胃腸薬や便秘薬を買って対処しますが、中には緊急性があったり、医療機関で診療を受けたほうがよい腹痛もあります。受診したほうがよい腹痛とはどのようなものなのでしょうか。