レビトラ通販

投稿者: | 2020年12月22日

ED治療薬であるレビトラを安全に服用するためには注意事項と副作用について理解することが大切です。
レビトラに限った話ではありませんが、薬を服用するということはリスクも伴う可能性があることを知らなければなりません。

まず、レビトラを服用する際の注意点ですが、1日の服用は1回までとし1日に何度も服用することは避けましょう。
薬はたくさん服用すればいいというわけではありませんし、1度の服用で十分ですからこの点は絶対に守るようにしてください。
もちろん1度の服用する量も自己判断で増やしたりはせず、決められた量だけを服用するようにします。
1度服用したあと、次に服用するまでには最低でも24時間以上間を開けてください。

一緒に飲んではいけないお薬があります

また、レビトラは併用することが禁じられている禁忌薬があります。
抗不整脈薬や降圧薬、HIV治療薬、硝酸剤などが該当します。
病気の治療などでこれらの薬を服用している場合はレビトラを服用することはできません。
万が一禁忌薬と併用すると心臓に異常をきたす可能性があります。
非常に危険ですので、ここで紹介した以外の薬でも服用しているならまずは医師に相談をし、レビトラを服用しても問題ないかどうかを確認することをおすすめします。
EDの改善も大切ですが、それ以上に健康状態が大切です。

レビトラは水だけではなく、他の飲み物で服用しても大丈夫とされているのですがお酒だけは注意が必要です。
レビトラには血管を拡張する作用があるとされているのですが、この作用によってアルコールが急激に回るリスクがあるからです。
同時にお酒を摂取することでレビトラの働きが低下するおそれもありますのでこの点からもお酒による服用は避けるべきです。

副作用について

個人差があるもののレビトラには副作用も確認されています。
症状としては顔がほてる、頭痛、動悸、鼻づまり、目の充血などです。
どの症状もそれほど重いものではなく、副作用が出ても特に問題はないとされています。
そのため基本的には副作用の症状が出ても特に特別な対応をする必要はないのですが、もし症状がひどい、どうしても不安という場合は一度医師に相談するのがいいでしょう。
レビトラの副作用は軽いと言えますが、やはり自分の体のことですので細心の注意を払うことが求められます。
副作用はレビトラの効果が消えるのに合わせて治まっていきますので、逆にいつまでも副作用の症状だけが残る場合は注意が必要です。

カテゴリー: ED