やりがいあり!今後重要度が増すドラッグストアの仕事

公開日: 2015年02月20日
著者: 薬ハピ編集部
Admin
プロフィール
  • 薬ハピ編集部

ドラッグストアの主な業務内容

ドラッグストア業界は年々成長を続け、出店数も売上高も増加傾向にあります。近年は調剤併設店やコンビニとの一体型店も増えています。また、今後は超高齢化社会を迎え、健康を自己管理するセルフメディケーションが推奨されているため、特に高齢者への対応や地域医療の現場で薬剤師のいるドラッグストアの役割がとても重要になっていくと思われます。

こうしたことからドラッグストアでの薬剤師の業務も、ただ調剤だけをやっていればよいということはなくなります。基本の業務は調剤薬局と変わりません(処方箋受付、調剤、服薬指導、薬歴管理など)。しかし、それ以外の業務の割合が多かったり、あるいは調剤業務そのものがなかったりする店舗もあります。

医療医薬品や一般医薬品の取扱いも担当し、処方箋のないOTC販売(対面販売)ではお客さんの症状やニーズを聞きながら最適な商品をお奨めし、使用方法をアドバイスすることが重要な仕事になってきます。ちなみにOTCとは、Over The Counter(オーバー・ザ・カウンター)の略語で、対面販売で薬を買うことを意味しています。お客さんが希望する医薬品以外のものを薦める場合も出てくるので、コミュニケーション能力が求められます。

さらに健康食品や化粧品、日用雑貨などの幅広い多様な商品も扱うため、商品管理などの仕事も行うことになります。商品の販売やレジ打ちだけでなく、品出しや陳列などもあり、それなりの体力が必要です。OTC店の場合は、主力商品を売り出すためのキャンペーンなどでPOPを作成したりして、スタッフが一丸となって商品が売れるよう工夫します。


ドラッグストアのタイプ

ドラッグストアでの薬剤師の業務内容は多岐にわたりますが、店舗の種類には主に以下の3つのタイプがあります。

調剤単独店

基本的に調剤業務のみを行う店舗で、薬剤師の仕事も調剤薬局と変わりません。ただし、主体はドラッグストアでもあるため、他の調剤薬局に比べて、OTC医薬品を多めに置いている薬局も多くあります。


OTC店

調剤業務がなく、OTC販売のみに専従する店舗です。しかし、OTC医薬品以外にも、サプリメントや健康食品、化粧品、日用品、生活雑貨など多様な商品も販売しているので、そうした商品についての販売管理の責任も発生します。


調剤併設店

調剤業務とOTC販売の両方に携わる店舗です。基本的には調剤室に勤務し、第一類医薬品の購入があった際などにその説明をしにお客さんのもとに出向きます。店舗によっては薬剤師の人員を少なめに配置していることもあり、その場合は処方箋の受付から入力、調剤、服薬指導、会計、薬歴管理までを一人の薬剤師が行う場合もあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング