高年収が魅力!ドラッグストアのメリット・デメリット

公開日: 2015年02月20日
著者: 薬ハピ編集部
Admin
プロフィール
  • 薬ハピ編集部

ドラッグストアのメリット/デメリット

ドラッグストアのメリットは、何と言っても給与水準が高さにあります。新卒未経験でも初任給が最も高い業界で、上場している大手企業も多く、階級や役職が多く、キャリアアップや年収アップも可能です。年収相場でいうと勤務薬剤師で400~580万円、管理薬剤師・店長で480~750万円、マネージャー等の役職者で750~1,000万円以上です。

マネージャーや部長職などの役職に就くと、年収1,000万以上も夢ではありません。もちろん女性であっても同様です。店長職についた場合は、人員の確保・管理業務、売上やコストの管理、仕入れの発注などの業務があります。

ドラッグストアでは薬剤師以外にも、登録販売者、管理栄養士、美容部員、一般社員など様々な人が働いているので、刺激のある職場です。また、現場を経て、店舗開発、採用、教育、新商品の開発、バイヤーなど、その道のエキスパートを目指すことも可能です。

調剤薬局や病院の勤務と比較するとサービス業的な性格が強く、営業時間は長く、休日も少なめのところが多いようですが、離職を防ぐ意味でも柔軟な雇用形態を用意していたり、
女性の場合は産育休暇後に職場復帰しやすいよう福利厚生の充実を計ったりしている会社も多くあります。特に地方では慢性的な人手不足で、高額年収で短期契約社員の求人なども多く見られます。転勤・異動をあまりしたくないという場合も、たいてい地域や職種を絞って勤務形態の希望を聞いてもらうことができるでしょう。

また、近年ではコンビニエンスストアと連携した一体型店や、在宅に注力して病院さながらの設備をもつ店舗もあります。市場としても急成長し、将来性もあるため、働くやすいといえるでしょう。


メリット

  • 調剤業務やOTC販売、在宅など、一社内でいろいろな経験が積める
  • 新卒未経験でも比較的給与が高い
  • 上場企業が多く、研修制度や福利厚生が充実している
  • 社宅のある会社も多く、転勤でも負担が少ない
  • 市場そのものが拡大しているので、中長期的にも将来への不安が少ない



デメリット

  • 医薬品以外の販売や品出し、商品陳列など雑多な仕事が多い
  • 深夜営業や年中無休の店舗では、定時の勤務や休暇の取得が難しい
  • 新店オープンが多いので、転勤・異動もあり得る



ドラッグストアに向いている人/向いていない人

向いている人

  • 医薬品以外の化粧品、健康食品などにも幅広く興味のある人
  • 人の世話をするのが好きな人、接客が好きな人
  • 新商品の情報をいち早く知ったり、試したりしたい人
  • 給与の高い仕事がしたい人


向いていない人

  • 定時(決まった就業時間・休日)で働きたい人
  • 調剤業務や医薬品販売以外の仕事はしたくない人
  • 人付き合いが苦手な人、接客が苦手な人

このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング