調剤過誤を防ぐ重要な業務である調剤薬鑑査

公開日: 2015年02月20日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
調剤したお薬が処方箋の指示どおりに調剤されているかどうかを確認するのが調剤薬鑑査ですが、患者質問票やお薬手帳の薬歴等も参照して、本当に患者さんに合った調剤なのかも含め総合的に検証することが重要な薬剤師の任務です。

調剤内容の確認の流れにおける調剤薬鑑査

調剤薬鑑査は、処方箋にしたがって、また患者さんの薬歴等に照らし合わせて、最終的に患者さんに合った薬が正しく調剤されているかどうかを最終的に確認するチェックで、調剤ミスを未然に防ぐための最終的なとりででもあります。調剤済みとなった処方箋は、調剤録とともにきちんと保管するようにします。医薬品が調剤されるまでには、いくつかのチェックポイントがあります。処方箋が来たときに、まず処方箋の点検や薬歴との照合をし、疑義照会事項の確認をします。薬袋を作成し調剤した薬剤を確認し、押印して最終的に薬剤情報提供文書とともに患者さんにお薬を渡すことになります。


調剤薬鑑査の手順の中でのポイント

調剤薬鑑査は、処方箋どおりに調剤が正しく行われているか、後発医薬品への変更も含め患者の薬歴に合っているのかをチェックします。複雑になりがちな一包化調剤の鑑査の場合は、調剤時に取り出したPTPシートを捨てずに取っておいて、処方箋に記載されている薬剤とPTPシートが合っているかどうかを確認すると良いでしょう。粉薬の場合は、配合変化の確認や賦形剤が適切かどうかの確認、計算メモのチェック等が行われます。液剤の場合は小児用の場合が多く、小児薬用量などがチェックされたりします。外用剤の場合は剤形や規格に特に注意します。病院はもちろん最近では在宅の自己注射ができる製品が増えてきていて、注射剤の調剤が行われる場合もあります。異物混入の有無や、外観・液漏れ等を注意深く観察することも大切です。


ミスを防ぐための調剤薬鑑査での工夫

調剤薬鑑査は、チェック作業でもあり、ミスを防ぐためのものなので、きちんと機能する必要があります。調剤過誤を防止する意味で大変重要な業務であるということを肝に銘じる必要があります。複数の薬剤師がいる薬局の場合は、調剤した者以外の薬剤師が鑑査を行うことが好ましいでしょう。1人薬剤師の薬局では自分で調剤したものを自分で鑑査するしかありませんが、ゆび指し確認をする、声を出す、少し時間を置くといった工夫が大切です。鑑査でチェックする項目も、例えば薬袋をチェック、調剤日の確認、患者氏名、服用時点、投与日数を確認といった具合に、手順を決めて一定のリズムで行うと良いでしょう。鑑査に相応しいような環境も大切で、調剤室は常に整理整頓された状態にし、鑑査中に発見したミスは、その内容やミスが起こった状況までメモし、今後の業務改善に活かしていくことも重要です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング