薬剤師という専門の立場からの処方監査

公開日: 2015年02月20日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
薬剤師は、医療機関から処方箋を受けるとその処方箋をもとに調剤をしていきます。しかし処方箋への記載も人間がやることでミスがないとも限りません。必ず調剤をする前に処方箋の記載事項に間違いがないかどうか薬剤師という専門家の立場でチェックが必要になります。

処方鑑査の法的な根拠とその内容

処方監査については、薬剤師法第24条で、処方箋中に疑わしい点があるときは、その処方箋を交付した医師、歯科医師に問い合わせて、その疑わしい点を確かめた後でなければ調剤してはならないと規定されています。処方箋の確認事項は、患者の名前や保険者番号、処方箋交付年月日等の一般的事項から、高度な薬学知識を必要とする医薬品の用法・用量や相互作用、投与制限や禁忌についての確認があります。確認事項には専門的な事項でない一般的な事項もありますが、患者の氏名が間違っていたことによる患者の取り違えといった重大なミスを防ぐ等のために、確認は大変重要です。


一般的事項による処方鑑査の項目について

処方鑑査のうち、一般的事項については、患者情報(氏名・生年月日・性別)、保険関連情報(保険者番号や被保険者区分)、発行医療機関や処方医情報、処方箋交付日・使用期限等があります。患者情報はお薬の取り違い防止に重要で、生年月日は小児の薬用量を検討する際の大切な情報になります。性差がある薬もありますので、性別も重要な情報源となるケースがあります。保険関連情報は患者への医療費請求の際に何割負担なのかを判断するために重要になります。処方箋公布日は、処方箋の使用期限(処方箋の交付日を含めた4日以内)を確認するのに非常に重要な情報となります。


処方欄に関連した処方監査の項目とチェック事項

処方欄には医薬品名、分量、用法及び用量が記載されています。その他、後発医薬品への変更の可否や麻薬を含む処方箋の必要事項等が記載されています。処方欄は、特に実際に調剤する時に非常に重要な部分ですが、ここで患者さんからいただいているお薬手帳等と照合して、高齢者・妊産婦・授乳婦・小児や、持病を持っているハイリスク患者なのかの確認や、お薬の重複、アレルギー歴などをチェックし、禁忌等のチェックも行います。さらに患者さんが使用している他の医療機関からの処方箋薬や、場合によってはOTC医薬品やサプリメント、食品にも注意して相互作用を気に留めるケースもあります。お薬として併用禁忌や配合変化に注意したり、同種同効薬の併用や、投与期間に制限がある医薬品の投与期限などのチェックも必要で、そのためしっかりと処方鑑査するためにはお薬手帳から得られる患者情報だけでなく、医薬品としての最新情報について常に目を光らせていないといけません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング