ジェネリック医薬品への変更とその判断

公開日: 2015年02月20日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
ジェネリック医薬品(後発品)使用推奨のため、いろいろな施策が行われ、特に一般名処方は、処方箋に医薬品の製品名記載の代わりに一般名を記載し、ジェネリック医薬品が使用しやすくしたもので、多くのジェネリック医薬品が発売されるとともに、その取扱い数が多くなり調剤業務を複雑化しています。

一般名処方の取扱についての留意点

一般名処方は、処方箋の処方欄に「一般名+剤形+含量」のパターンで記載されているものです。もし有効成分が同一であれば、患者さんの同意を得たうえで、先発医薬品でもジェネリック医薬品でも調剤することが可能になっています。患者には先発医薬品とジェネックの利点や欠点を説明し同意を得ることも必要になってきます。さらに、どの医薬品を調剤したか処方した医師にフィードバックすることも大切です。


ジェネリック医薬品への変更のポイント

ジェネリック医薬品の使用は、医療費の削減だけでなく、患者さんの負担も軽減してくれるので、患者さんが同意をして可能であれば、できる限りジェネリックへの変更をというのが国の施策にもなっています。ジェネリック医薬品への変更については、まずは患者さんの理解と了解が大前提です。そしてもちろん処方した医師への情報提供も忘れないことが重要です。同じ有効成分のジェネリック医薬品でも、薬価が安く安定供給が見込まれるものがあれば、患者さんの希望をとり入れた上でそちらを使用するようにしていきます。内服の場合は、類似する別剤形のジェネリック医薬品に変更する場合は、処方した医師の確認は不要です。外用剤や徐放性製剤のように製剤的工夫があるものは、同等性や使用感を考慮していくのがポイントです。内服の場合は、飲みやすさ等はコンプライアンスに関係してくるので注意が必要です。外用剤でジェネリック医薬品へ変更した時は、使用感などについて患者さんに尋ねてみるのもよいかもしれません。


ジェネリック医薬品の使用において大切なこと

ジェネリック医薬品へ変更する場合、患者さんの理解と了解、使用感といったものが大切ですが、継続的に薬物治療を行っていく場合には頻繁な銘柄変更は避けたい所です。患者さんによっては服薬拒否やコンプライアンスの悪化にもつながりかねず、患者さんが不安を招く要因にもなってしまいます。そのためにも最初にジェネリック医薬品へ変更するときは、安定供給できるかどうかというのも大きなポイントになります。ジェネリック医薬品でよく問題視される安定供給ですが、もし長期的に使用が予想されるのにもかかわらず、安定供給できるジェネリック医薬品が見つからない場合は、ジェネリック医薬品の使用を控えることも含めて検討したほうが良いかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング