一包化調剤(分包)の取扱いについて

公開日: 2015年02月20日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
一包化調剤(分包)は、一回量包装とも言われていて、英語でODP (one dose package)と言われることもあります。錠剤やカプセル剤等の複数の医薬品をヒートシールなどの包装から取り出して、1回の服用時点ごとに分包し直す調剤方法で、自動錠剤包装機等の機械が用いられることもあります。

一包化調剤のメリット・デメリット

服用時点ごとに処方内容が異なる場合は、誤用防止のために分包紙に患者氏名のほかに服用時点や医薬品名が印字されることが望ましいと言われています。一包化調剤の一番のメリットは、多種類の薬を処方された患者さんの飲み忘れ(non compliance)を防ぐという点が大きく、また患者さんの手間が省けます。いくつもの薬のヒートシールを切ったり、PTP包装から錠剤を取り出したりといった患者の手間がなくなります。その分、調剤する薬剤師側はヒートシール等から薬剤を取り出すという作業が必要になり作業が繁雑になります。


自動錠剤分包機を用いた一包化調剤

自動錠剤分包機を用いた一包化調剤は、処方箋に基づき手入力するタイプと、全自動で処方オーダリングシステムと接続され、処方医が入力した処方箋情報を直接取り込めるタイプのものがあります。全自動のものについては、薬剤師が処方入力する作業は不要ですので、調剤時間のカットができます。もちろん処方の入力ミスも防ぐことができ、効率面でも安全面でも優れています。病院等では、処方オーダリングシステムと、保険薬局のレセプト用システムが連動していて、患者情報や処方データが転送されると、全自動錠剤分割包装機が始動して一包化調剤が開始されるようになっているところもあります。一包化調剤においては、散剤と錠剤を一緒に入れると錠剤が識別されにくくなってしまい、薬剤の安定性確保という面からも錠剤と散剤は分けて取り扱うのが一般的です。全自動といえどもセットされる薬剤は専用のカセットに充填するのは人間が行うので、最も注意しなければならないところで、2名体制で確認しあうのが好ましいでしょう。


手分割で行う一包化調剤の方法について

手分割法では、必要とされる医薬品を1回服用時期毎に、パイルパッカーや回転円盤式分包機等を使って、バラ錠を1回量ずつ分包していきます。ヒートシールなどから必要な医薬品を準備して、ピンセットやスパーテルを使用して1回服用時期毎に分包機の錠剤ホールに入れていきます。ピンセットやスパーテルを使い、医薬品には直接手を触れないように注意します。薬剤セット後、印字装置に必要な患者氏名や服用時点、医薬品名等を入力して登録します。1包化調剤においては、包装内への異物混入、錠剤の破損等も起こることがあるので注意が必要です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング