内用液剤を調剤する際のポイント

公開日: 2015年02月20日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
ひと言で内用液剤と言っても、液剤・シロップ剤・懸濁剤・エリキシル剤等いろいろとあります。内用液剤は、小児や乳幼児でも服用しやすく、そのままの形で消化管から吸収されていくという利点がある一方、液状であるが故に化学的に不安定であったり、微生物の汚染を受けやすかったりという問題もあります。

内用液剤の調剤における留意点について

内用液剤は、小児や乳幼児に対して処方されることが多いため、特に薬用量には注意する必要があります。また配合変化を起こすこともあるので注意する必要があります。賦形の必要性を考えて計算をしないといけない場合もあり、さらに患者さんが必要量をしっかりと測って正しく服用できるような配慮も必要となってきます。mgとmLといった単位にも十分気をつけて、配合変化などはメーカーのホームページなどに配合変化の情報がある場合もあるので確認しておくと良いかもしれません。1回の服用量が少ない場合や服用する1回量が整数にならない場合は、賦形を行ったりしますが、これには、単シロップ、常水、精製水等が用いられます。薬剤交付時には、1回服用量の補助となるカップやスポイトが服用量にあった適切なものが添付されているかも確認します。


内用液剤の調剤に関連した確認・鑑査

内用液剤は、錠剤やカプセル剤のように、識別コードがあるわけではなく、色や匂いといったもので確認しますが、色調が類似しているものや、無色無臭のものは鑑査するときに薬剤の特定が困難なケースも出てきます。用法・用量などに注意してラベルの記載事項を再確認し、全量や色、異物などについて確認します。匂いやにごり、沈殿や懸濁性などを行います。特に鑑査システムがない場合は、調製前に調製者以外の者が、処方された医薬品であることを確認するといった二重チェック体制をとることが望ましいでしょう。


内用液剤を患者さんに渡すときの注意

内用液剤は、錠剤やカプセル剤に比べて化学的に不安定で、また服用時に患者さん自らがカップやスポイトなどで計量して服用するものですので、その使用方法や保存方法についてしっかりと説明する必要があります。保存は原則は細菌汚染の問題を考慮し、直射日光を避け、なるべく冷暗所に置くことが大切ですが、わかりやすいように冷蔵庫で保存するように指示をすると良いでしょう。懸濁剤のように用時浸透するものや、逆に振ってはいけないもの等があるので、そういった注意は口頭で説明すると同時に、ラベル等に記載すると良いでしょう。服用期間がすぎたものをもったいないからといって使用する人がいますが、変質のおそれがあるので服用しないように注意喚起することが大切です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング