麻薬処方箋による麻薬調剤で注意すべき点

公開日: 2015年02月20日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
医薬品は注意して扱わなければなりませんが、その中でも特に麻薬は免許をもった施用者や管理者が扱う必要があり、非常に厳重に管理されています。調剤においても麻薬の調剤は普通の調剤に加えて注意しなければならない点があります。

医療用で使う医師、調剤する薬剤師にも免許が必要

麻薬は、麻薬及び向精神薬取締法で指定されていて、医療用医薬品として使われる麻薬は、大きくわけるとモルヒネやコデイン等のアヘン系と、コカイン系、ケタミン等の非アルカロイド系の3つに大別できます。麻薬は限られた人しか取り扱うことができないようになっていて、医療用医薬品の場合、麻薬には容器やそのパッケージ等に円の中に「麻」の字が入った麻薬記号を記載することになっているので、すぐにわかるようになっています。たとえ治療のため施用で使う医師や歯科医師であっても、麻薬施用者免許が必要で、麻薬施用者が複数いる医療機関の場合は、麻薬管理者免許という管理者が必要になります。当然、こうした麻薬は医師から処方されることもあり、それを薬剤師が取り扱うことになりますが、薬剤師が麻薬を調剤する場合は、麻薬小売業者の免許が必要になり2年毎に更新する必要があります。この免許は薬剤師個人に与えられるものではなく、薬局に与えられるものになっています。


市販薬に入っているコデインやジヒドロコデイン等の取扱い

コデインが麻薬と聞いて、それじゃ市販薬の風邪薬や咳止めに入っているジヒドロコデインなんかも麻薬じゃないのかと言うことになりますが、コデインやジヒドロコデインは1%散以下ならば「家庭麻薬」ということになり、製造段階での規制は受けますが、販売・譲渡に関しては法規制を受けません。市販薬に入っているコデインやジヒドロコデインは家庭麻薬という扱いになっています。一方モルヒネなどはいくら薄めても麻薬であり家庭麻薬ということにはなりません。


処方箋上はあまり違いがないが扱いは違う麻薬処方

麻薬が処方されたものは、麻薬処方箋等と呼ばれたりしますが、一般の処方箋と比べて違うところは、麻薬施用者免許番号と患者の住所が追加で記載されているというところです。ただし処方箋の保管に関しては、一般の処方箋とは分けて3年間保管する必要があります。処方箋上はほとんど違いがない麻薬処方ですが、在庫数量の厳格な管理が必要で、調剤前の帳簿在庫から調剤総量を引いて在庫数が合致するかをきちんと確認して麻薬帳簿へ記載します。麻薬の品名・数量・年月日等をしっかり記録し、最終記載日から2年か帳簿を保管する必要があります。さらに厄介なのが調剤ミスをしたケースで、麻薬廃棄届や麻薬事故届が必要になってくるので、より注意を払い慎重に作業を進める必要があります。誤って調剤してしまったからといって、絶対に捨ててしまうといったことがないように注意が必要です。特に再利用できない散剤や水剤の処方は、処方鑑査の段階からしっかりとチェックすることが大切です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング