麻薬の譲渡・譲受・保管・廃棄と届出

公開日: 2015年02月20日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
麻薬は、譲渡・譲受から保管、廃棄に至るまで、いろいろな規制があり、厳重に管理されなければなりません。また事故があった時の届出以外に、麻薬を取り扱う薬局では年間届出が必要で、近くの薬局との在庫調整のためのやり取りも許可が必要になります。

麻薬の受け取りと保管時のポイント

薬局が麻薬を受け取る時は、麻薬卸売業者の立ち会いのもとで、品名・数量・製品番号など、内容と証紙での封かんを確認した後、麻薬譲受証に品名・数量・麻薬小売業者免許番号・氏名などを記載し押印して麻薬卸売業者に渡し、その時かわりに譲渡証を受け取る必要があります。受け取った麻薬は紛失しないように、人目につかない所にある容易に移動できない金属製の専用保管庫に保管するなどの対策が必要です。もちろん覚せい剤を除く麻薬以外の物と一緒に保管することは禁止されています。また薬局間での在庫調整のためにやりとりすることは2006年から可能になっていますが、複数の麻薬小売業者が共同で麻薬小売業者間譲渡許可の申請を行い、その業者間でしか譲渡が認められないことになっています。つまり、どんなに近い薬局でもお互いに共同で譲渡許可申請をしたところ以外とは、在庫調整のためでも勝手に麻薬のやり取りはできません。


こんな時はどうする? 調剤済麻薬廃棄届

麻薬を取り扱っていると、いろいろと問題が起こって対処に困ったりすることがあります。特に医療関係者がしっかり注意し、薬剤師も調剤ミスに細心の注意を払っていても、患者に渡した麻薬の一部が使われないで患者や家族から返却される場合もあります。このような場合は「調剤済麻薬」として廃棄することになり、その旨を記録し、麻薬管理者立ち会いのもと焼却、酸・アルカリ分解、希釈などの方法で処理を行うことが法律で定められていて、さらに30日以内に「調剤済麻薬廃棄届」を提出しなければいけません。一方、調剤以前に有効期限が切れてしまったり、変質してしまったり、あるいは調剤ミス等で使えなくなってしまったものを廃棄する場合は、麻薬廃棄届出を出し、後日薬務課や所轄保健福祉事務所職員の立ち会いのもと、焼却、酸・アルカリによる分解処理などが行われることになります。


廃棄届出、調剤済麻薬以外にも必要となる届出

麻薬を取り扱っていると、いろいろな届出をしなければならない場面があります。廃棄届出や調剤済麻薬届出以外にも、年間届出があります。麻薬小売業者である薬局は、毎年11月30日までに、前年の10月1日からその年の9月30日までに譲り受けた麻薬や調剤し患者に渡した麻薬の品名や数量を届ける義務があります。さらに加えて事故届というものもあります。麻薬がなくなったり、破損したり、事故が起こった場合は、品名と数量、状況を明らかにするために必要な事項を定型の文書に記載して、知事あてに事故届として提出します。また盗難、強奪、脅取及び詐取等の犯罪の可能性があると推測される場合は、知事あて以外に警察署にも届出が必要になってきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング