薬局で取り扱う覚せい剤原料と覚せい剤

公開日: 2015年02月20日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
芸能人やミュージシャンが使用して逮捕されることがしばしばある覚せい剤は、乱用による保健衛生上の危害が出ることからその防止のために覚せい剤取締法により法的に厳しく規制されています。その原料についても覚せい剤原料として、使用や保管について厳しい法的規制がかけられていて、取扱いには細心の注意が必要です。

院外処方箋では使われることがない覚せい剤

覚せい剤は本来は、とても高揚した気分になり強烈なバイタリティーを感じるようになるといいます。しかし切れるとともに、気分がしぼみ、不安や混乱が一気に出てきたりして、一般的に数度の使用によって強い嗜好性が生じ、習慣性の依存状態となりやすいとされています。覚せい剤の医薬品については、メタンフェタミンがうつ病や手術中・手術後の虚脱状態からの回復促進、麻酔剤や睡眠薬の急性中毒の改善等に用いられることがあります。覚せい剤は通常の院外処方箋による投薬はできません。覚せい剤施用機関として機関指定証がある機関で診療に従事する医師が施用することになります。


保険薬局で取り扱われる覚せい剤原料とは

覚せい剤原料は、覚せい剤の原料になるもので、覚せい剤取締法により規定されています。覚せい剤原料となる医薬品は、エフェドリン塩酸塩、メチルエフェドリン塩酸塩、セレギリン塩酸塩がありますが、エフェドリンとメチルエフェドリンの塩酸塩は10%以下の製剤は該当しないので、保険薬局で取り扱う機会がある覚せい剤原料は、セレギリン塩酸塩のみと考えてよいかと思います。覚せい剤原料は、覚せい剤と違い、調剤のために使用する医薬品であれば、薬局開設許可があるところであれば、どこも取り扱うことが可能です。ただし、覚せい剤原料取扱者等の指定を受けている者以外から覚せい剤原料を譲り受けることはできません。また薬剤師であったとしても、薬局開設者でなければ覚せい剤原料を譲り受けてはいけないことになっていて、また返品や交換もできないことになっています。


覚せい剤原料の取扱いと保管・調剤

覚せい剤原料を譲り受ける時は、覚せい剤原料取扱者に譲受証を渡すかわりに譲渡証をもらい2年間保存する義務があります。覚せい剤原料はカギのかかる保管庫で厳重に管理し、麻薬と同じ金庫には保管してはいけません。覚せい剤原料、つまりセレギリン塩酸塩を調剤する時は普通薬を調剤する時と同じで特に他にしなければいけないことはありません。しかし、人体に対する影響が大きいので、より慎重にミスがないよう細心の注意を払う必要があります。
廃棄する場合は届出が必要で、覚せい剤監視員の立ち会いのもとで廃棄する必要があります。盗まれたり所在不明になった場合には事故届が必要になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング