向精神薬の処方箋がきたときに注意する点

公開日: 2015年02月20日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
向精神薬は、人の精神状態に深く関係して作用する睡眠薬や精神安定剤で、乱用の危険性があることから麻薬及び向精神薬取締法により指定され、その譲渡・譲受・保管・記録・廃棄・事故届などについて細かく規定されています。

向精神薬の取扱いにおける免許・登録

向精神薬は、麻薬や覚せい剤、覚せい剤原料と異なり、特別な免許や登録は必要ありません。しかし、向精神薬取扱者として、保管や廃棄、記録等が規定されていますので、取り扱っている医薬品の中で、どれが向精神薬になるのかということをしっかりと把握していなければなりません。向精神薬は、製品のパッケージ等に○の中に『向』という文字入った記号が記載されているので、容易に区別することができます。向精神薬は、乱用の危険性及び医療上の有益性の程度に応じて第1種から第3種までの3種類に分類されていて、規制内容も多少異なっています。向精神薬を手に入れたいために、偽造処方箋や向精神薬を手書きで追記した処方箋が持ち込まれることもあるようなので注意が必要です。特に遠隔地の医療機関からの処方であったり、見慣れない手書きや書式で不自然な処方箋の場合は疑義照会が行われたりします。


向精神薬の譲受・譲渡・保管・記録・廃棄

薬局については、開設許可を受けた者は、向精神薬卸売業者・小売業者の許可を受けた者とみなされますので、向精神薬に関しては在庫調整などのため薬局間で薬をやり取りすることは可能になっています。譲渡ですが、患者に処方箋調剤として渡す以外は、向精神薬取扱者を除いて譲渡できないようになっています。保管は盗難防止のために薬局の施設内のカギのかかる戸棚や保管庫に保管した上で、夜間・休日などで保管場所に人がいない時間帯は、部屋の出入り口・保管棚に鍵をかけることになっています。第1種及び第2種向精神薬の場合は、譲受・譲渡・廃棄時に製品名、年月日、譲受又は譲渡した相手を記録しなければいけませんが、処方箋による患者への交付、患者からの返却、患者から返却されたものの廃棄については、記録する必要はありません。廃棄するときは、回収が困難な方法で、焼却、酸・アルカリ等による分解や希釈等を行います。


向精神薬の調剤で注意するポイント

向精神薬の調剤については、普通薬に加えて規制されていることはありません。しかし処方箋に細工をし不正に向精神薬を手に入れようとする事件などもあることから、慎重に調剤していく必要があります。また向精神薬には投与日数上限があるものもあるので、調剤の際には処方日数にも注意を払う必要があります。万一、剤形によって決められた数量以上が紛失した場合は都道府県知事に届出を行う必要があり、盗難等の疑いがある場合は数量にかかわらず警察に届出をすることになります。


医師に処方資格があるかを確認する向精神薬

最近では、向精神薬について乱用が大きな社会問題となった結果、医師がその薬剤に関する一定の研修を受け処方資格が与えられるものがあり、薬剤師はその医師が処方可能な医師どうかを登録医療機関・登録医師リストにて確認することになっているものがあります。有名なものではメチルフェニデート塩酸塩などがあります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング