高カロリー輸液の調製とクリーンベンチ

公開日: 2015年02月20日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
注射剤の混合調製というとその代表例は高カロリー輸液の混合調製になるかと思います。高カロリー輸液は経口・経腸が不可能な患者に直接血管を通して投与される製剤ですので、より慎重な無菌調製が必要となります。

高カロリー混合製剤におけるアンプル・バイアルの使用

高カロリー輸液製剤の混合調製は無菌操作をしっかりする必要があります。そのためできる限り無菌状態をつくることが大切で、クリーンルームやクリーンベンチでの混合調製が行われます。アンプルの場合は、カット部分を消毒用アルコールを含ませたガーゼで拭き、カット時にはガラス片を沈降させるために数秒静置し、注射針に触れないようにして薬液をシリンジの中に取ります。溶解液に溶かして用いるバイアルの場合は、溶解液をシリンジに取り、その注射針をバイアルのゴム栓の刺入部に垂直に入れ、溶解液をバイアルの中に注入した後、同量以上の空気をシリンジに吸ってから針を抜くとバイアル内が陰圧になり、中の溶液が吹き出るのを防ぐことができます。針を刺したまま溶解する方法もありますが、その場合は、刺入部から漏れ出ないように注意が必要です。あとはバイアルを軽く振ってバイアルの中の粉末を溶解させます。


連結管を用いた高カロリー輸液の調製

高カロリー輸液は、その混合調製はいろいろなパターンがあります。一番オーソドックスなものは、基本液やブドウ糖液が入ったバックに連結管を通してアミノ酸を混合していく形のものです。あらかじめアミノ酸が混合されている基本液もあります。アミノ酸とブドウ糖の混合に関しては、メイラード反応と言われている有名な反応があります。ブドウ糖のようなカルボニル化合物とアミノ化合物が反応することで着色してしまうもので、温度や酸素、pH、紫外線などによってその反応が促進されます。高カロリー輸液製品を遮光したりする理由の1つに、このメイラード反応による着色を防ぐということもあります。ブドウ糖とアミノ酸液を連結管で混合調製する場合は、薬剤の容器表面を消毒用エタノールで消毒してからクリーンベンチの中に入れ、クリーンベンチの中に必要なシリンジや連結管、滅菌ガーゼ、消毒用エタノール等を準備しておきます。クリーンベンチの手前から約15cm以上奥で混合するアミノ酸などをフックにつり下げ、ゴム栓部を消毒用エタノールで拭き混合操作を始めます。


二室型バッグを用いた高カロリー輸液の調製

メイラード反応を防ぐために、ダブルバッグと呼ばれる二室型基本液が使用されることもあります。これは隔壁部で分けられたブドウ糖液とアミノ酸液がバッグの中に入っていて、使用直前にバッグを両手で強く押すことにより隔壁部を壊し開通させて、アミノ酸とブドウ糖液を混合させて使います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング