衛生的な手洗いと無菌手袋の着脱

公開日: 2015年02月20日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
クリーンルームでしっかりと無菌調製を行うためには、しっかりとした手洗いと無菌手袋による操作が大切です。特に手洗いは無菌調製に限らず院内でいろいろな作業を行うにあたり大切な基本で、段階によって日常的な手洗い、衛生的手洗い、手術時手洗いといったように洗い方が変えられたりしています。

薬剤師の調剤に必要な衛生的手洗い

最も簡単な日常的手洗いは、物理的な汚れを除くために行われるものであり、流水、石鹸、抗菌成分を配合した石鹸などで行われます。手術時手洗いは、手術の前などに行われるものでより厳格に行われます。薬剤師が調剤作業をする場合は、その中間のレベルである衛生的手洗いをしっかりと行う必要があります。特に無菌調製においてはこの衛生的手洗いを行ったあと、無菌手袋のより衛生的に作業を行う必要があります。この衛生的手洗いでは皮膚通過菌のほとんどを除去することができます。


2つの衛生的手洗いによる殺菌・消毒方法

衛生的手洗いには大きく分けてスクラブ法とラビング法という2つの方法があります。スクラブ法は抗菌石鹸と流水を用いる方法で、まず流水で洗浄した手に薬用石鹸又は消毒剤をとり、手掌を洗い、手掌で手の甲を包むように洗い、洗い落とししやすい指の間、指、親指の周囲、指先、爪等を丁寧に洗い、最後に手首も忘れずに洗って流水で洗い流し、ペーパータオルなどで拭きます。消毒剤には4%クロルヘキシジングルコン酸塩や7.5%ポビドンヨード製剤が用いられます。ラビング法はアルコール含有の速乾性消毒剤を用いる方法で、消毒剤を規定量手にかけ、両手の指先に消毒剤を擦り込んでから手掌によく刷り込み、手の甲、指の間、親指、手首等に擦り込み乾燥するまでよく擦り込みます。


衛生的に行う滅菌手袋の着脱のやり方

手洗い後に装着する手袋は、滅菌手袋と非滅菌手袋がありますが、非滅菌手袋を用いる場合は、装着後に消毒する必要があります。滅菌手袋を装着する場合は、外側と不用意に手指で汚染してしまわないように注意をする必要があります。片方の手の指先を手袋に入れてから、その手袋の内側を反対の手指でつまんで引っ張るようにして手首まであげて装着することで、滅菌手袋の外側に手を触れることなく装着することができます。もう片方の手は手の指先を入れてから、折り返し部分に手袋を装着した方の手指を入れて、その手指が皮膚に付着しないように注意し手首まであげます。最後に両手で指先や指間部に隙間ができないようにしっかり密着させていきます。手袋を外すときは、逆に汚染されている可能性がある手袋の外側が素手につかないように注意しなければなりません。片方の手袋で手首の外側をつまみ引っ張り反転させるように外します。取り外した手袋をもう片方の手で丸めるようにつかみ、手袋を外した手で残ったほうの手袋の内側に指を入れて引っ張るように反転させて外し、汚染されている可能性があれば、医療廃棄物として処理します。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング