じっくり丁寧にカウンセリング!漢方薬局などの仕事

公開日: 2015年02月20日
著者: 薬ハピ編集部
Admin
プロフィール
  • 薬ハピ編集部

漢方薬局などの主な業務内容

漢方薬局は調剤薬局と違い、処方箋なしで健康相談に見えられる患者さんが大多数です(なお、処方箋を元に漢方薬を調剤する薬局は調剤薬局に分類されるので、ここでは保険適用外の漢方の相談販売店について説明します)。西洋医学は解剖学的に病気の原因を追究しますが、漢方では症状だけではなく体質の改善も重んじています。薬剤師自らが患者さんの一人ひとりの体質や症状を時間をかけて診断し、丁寧にカウンセリングしたり治療プランを提案ししたりして、適切な漢方薬を調剤しなければなりません。

病院のように血液検査やCT、尿検査などで悪いところを見つけるわけではなく、デリケートな悩みを抱えた患者さんも多く訪れるので、リラックスして答えられる雰囲気作りや質問の仕方などのコミュニケーション能力も必要になってきます。また、規模としても従業員のそう多くない零細な薬局が多いので、職場仲間とのコミュニケーションも重要になります。

しかし、自らの漢方薬の知識に基づいて診断し、患者さんに薬を出せることは非常にやりがいが感じられる仕事でもあります。患者さんによっては西洋医学では治癒しなかった症例が漢方で回復するケースもあり、そうした際はとてもやりがいを感じられる仕事でもあります。

ただし、患者さんは漢方薬だけを服用しているとは限りません。OTC医薬品や、一般の西洋薬を併用している人も多く、それらの効能や副作用も把握した上で、適切な漢方薬をお出ししないと重篤な事態に陥らないとも限りません。その点、とても責任も重く、毎日の勉強が必要にな職場です。


漢方薬のタイプ

漢方には主に3つのタイプがあります。

刻み

生薬を刻んで、薬剤師自らが調合してお出しする薬です。


煎じ

生薬を煎じて、薬剤師自らが調合してお出しする薬です。


エキス剤

漢方の製薬メーカーが商品化しているパッケージされた薬です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング