服薬指導における留意点と重要性

公開日: 2015年02月20日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
患者への調剤に関連した情報提供という点からすると、服薬指導は非常に重要な薬剤師の任務になります。患者に医薬品による治療の意義を理解してもらい、適切な服薬方法で使用してもらい、患者のアドヒアランス向上、副作用察知のための情報提供などを理解してもらう役目があります。

情報提供の前に行われる情報収集

服薬指導の場合は、患者への情報提供がポイントになりますが、薬剤師はその前に情報収集を行わなければなりません。処方された医薬品に関する薬剤情報は当たり前ですが、同じ処方でも患者個々により背景が違うので、患者情報も正確に把握する必要があります。そのためにいろいろなツールを使って情報収集をする必要があります。医師の処方の意図を説明しなければならない場合もあるので、処方箋、そして医薬品の説明をする場合に必要となる添付文書・医薬品集や薬剤情報提供文書、患者情報を把握するための薬歴簿やお薬手帳といったツールから情報を収集し、患者が必要としている情報を判断し、的確に伝えていく必要があります。特に薬歴に記載されている患者情報を考慮して服薬指導を行うことが大切です。


双方向のコミュニケーションが大切な服薬指導

服薬指導というと、単に処方箋に書かれた薬の説明をして終わりというイメージを持っている方もおられますが、薬剤師はさまざまな情報を収集し、いろいろなツールを駆使し、判断し、必要な情報を患者に提供するとともに、患者からいろいろな情報を引き出したりしています。回ってきた処方箋から、病名や患者背景をある程度推測できますが、処方箋に記載されたことだけでは、患者背景を理解するのは不十分です。そこで初回患者質問票やお薬手帳、薬歴が参考にされるわけですが、最近の服薬状況や薬を飲むことによる副作用の兆候等は、実際に患者との会話の中から推測したり引き出したりしないと把握することが難しかったりします。特に処方が変更されていたり追加されていたり、中止になっているなどした場合は、患者との会話の中から、その処方変更の妥当性を検証していくことも大切です。そして疑義がある場合は、医師にしっかり照会しなければなりません。こうしたことから、服薬指導には幅広い知識とコミュニケーション力、多くの引き出しが必要となってきますので、日頃の積み重ねが大切になってきます。


服薬指導で患者に情報提供される内容

服薬指導時に情報提供される内容は、医薬品名、服薬する意義、使用方法、注意すべき副作用、日常生活における留意点、飲み合わせ等になります。場合によっては飲み忘れた場合の対処法や、尿や便の変化等を伝えるべき時もあります。日本薬剤師会では、薬剤師からの「ゲット・ジ・アンサーズ」を広く呼びかけていて、薬を上手に使用するための大切な質問として、①薬の名前は? ②何に効く薬なの? ③使用する前に注意することは? ④どんな副作用があるの? ⑤飲み合わせ等の相互作用は? の5つをあげています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング