薬局によって違う在庫管理の方法

公開日: 2015年02月20日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
薬局において、医薬品を過不足なく患者に提供するために欠かせないのが、適切な在庫管理です。医薬品を切らさないためにしっかりと数量在庫を把握し、速やかに納入される供給体制を整えることは薬局にとって重要な役目の一つです。

在庫管理で問題となる不良在庫について

薬局は必要な医薬品を速やかに患者に提供しなければならないという義務があります。しかしその一方で医薬品の購入額は高額で、不良在庫(デッドストック)をかかえてしまうことは、薬局をはじめとする医療機関の経営を圧迫してしまうことになります。このため、常に過不足やロスの無い適正な在庫量を設定することが薬局の重要課題の一つとなっています。そのため、定期的に棚卸しをして細かい数量管理等を行う必要があります。一方、処方内容をみると、包括医療制度が導入されたり、後発医薬品の使用が推奨されたりで、準備しなければいけない医薬品も多岐にわたり、その在庫管理はますます大変になってきています。


薬局における在庫管理業務の流れと留意点

院外処方に関しては、在庫がない医薬品が処方されることもあるので、万一在庫がない場合の緊急発注や緊急納入システムについても考えておかなければなりません。また、卸等に発注した場合は、納品の際に医薬品名や規格について確認することはもちろん、有効期間の確認や破損等がないかどうかもしっかりとチェックしなければいけません。一般用医薬品だけでなく、医療用医薬品を取り扱う場合は、特に麻薬や特定生物由来製品など製造番号も確認しなければいけないなどの注意が必要です。医薬品の在庫は、病院か保険薬局かによっても違いますし、薬局の規模によっても変わってきます。ある程度の規模の保険薬局等では、医薬分業が進み、後発医薬品の使用推奨等もあり、取り扱わなければいけない医薬品の数が膨大になってきています。その中で細かく在庫をチェックするのは大変な作業ですが、医薬品の外箱にあるバーコードを機械で読み取り、コンピュータと連動させることにより在庫の動向や発注管理をしている施設もあります。


バランスとネットワークが大切な在庫管理

不要在庫を持ちすぎてしまうと、余った医薬品を廃棄しなければなりません。しかし在庫切れをしてしまうと、患者からの信頼を失くしてしまったりします。卸への医薬品発注、有効期限の管理、在庫の確認など在庫管理では行わなければいけないことがたくさんありますが、処方の動向をつかみ、新薬の納品動向にも気を使い、さらには包装変更や剤型変更に気を配り、品薄のものにも注意をしておく必要があります。さらに薬価が改定されるときには、改定前に在庫を絞り込むなどの工夫も必要になってきます。そんな中、レセコンと連携した在庫管理システムが開発されていて、発注業務の効率化や発注漏れの防止、不要在庫の減少等に役立っています。医薬品在庫の問題点は、1箱単位で購入できないことも大きな原因となっていて、薬局同士のネットワークによって分割販売によって医薬品を融通しあうということも不要在庫を作らない有用な手段になっています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング