医薬品情報管理とDI情報の集め方

公開日: 2015年02月20日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
薬剤師は、薬の専門家として患者に対しての説明はもちろん、医師・看護師・他の医療スタッフにも医薬品情報を正しく提供する薬物療法の担い手としての重要な役割があります。常に最新の情報を収集し、評価し、管理していかなければなりません。

日々変化しているDI情報への迅速な対応

DI情報に関して、病院等では調剤とは別にDI室として、医師等から医薬品に関する問い合わせに対応する担当がいたりしますが、安全性という面から常に最新の医薬品の情報をキャッチし、緊急安全性情報や安全性速報等の医薬品に関する副作用情報が出された場合、常にその情報を正確に読み取り、どう対応していくかが迫られます。情報は受動的に待っているだけではなく、積極的に取りにいかなくてはなりません。そして収集した情報を評価し、それを管理し、正確に他の医療スタッフに情報提供しなければいけません。病院のDI室のみならず薬局においても、薬剤の正確な情報を必要に応じて患者に説明しなければなりません。医薬品の情報の種類や入手方法を知っておくことは非常に大切なことです。


DI業務に役立つ主な情報源とその収集

DI業務に必要な情報は、個々の医薬品に関連した情報、副作用等の安全性に関連した情報があります。情報源としては、個々の医薬品に関するものは、まずは添付文書があります。それ以外には、添付文書を補完する情報媒体として医薬品インタビューフォーム、製品情報概要があります。最新の添付文書関連では、「使用上の注意改訂のお知らせ」等に注意する必要があります。安全性情報に関しては、「医薬品・医療機器等安全性情報」がありますが、これは厚生労働省において蓄積された副作用等の情報をもとに情報提供されます。安全性情報は、この「医薬品・医療機器等安全性情報」と「DSU」と呼ばれる「医薬品安全対策情報 Drug Safety Update」の2つは最低限確認しておきたいところです。安全性情報としておさえておきたいものとしては、これ以外に、イエローレターと呼ばれるものとブルーレターと呼ばれるものがあります。イエローレターは『緊急安全性情報』で、予期せぬ重大な副作用等で緊急かつ重要性がある事態が発生した場合に、医療関係者にいち早く発出されるもので、ブルーレターは『安全性速報』と呼ばれるもので、イエローレターに準じて一般的な使用上の注意の改訂情報よりも迅速で安全対策措置をとる必要があると考えられるケースに発出されます。これらの多くの情報源はネットで検索できる他、MSやMRによって薬局等の医療機関に伝達されることになっています。添付文書・インタビューフォーム・患者向け医薬品ガイド、イエローレター、ブルーレター、医薬品・医療機器等安全性情報、DSUは、MRからの情報の他、インターネットで医薬品医療機器情報提供ホームページからも情報収集することができるようになっています。


薬局におけるDI業務の意義と特徴

薬局においては、DI業務は、医師への疑義照会や患者への服薬指導、適正使用の推進、混合や一包化等に関連した安定性確認など、いろいろな業務と関連してきます。このような情報をまとめたインタビューフォームは特に有用な情報になっていて、MRからの連絡、自ら医薬品医療機器情報提供ホームページから情報収集するほか、日本薬剤師会や都道府県薬剤師会等からも情報が発信されています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング