需要が高まる在宅での薬剤管理指導

公開日: 2015年02月20日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
高齢化社会をむかえ、居宅で療養する人たちも増えてきています。そんな中、患者のQOL向上といった点からも、医療費削減といった側面からも、在宅医療に対するニーズが高まってきていて、在宅医療に関する技術も進歩してきています。在宅での薬剤管理指導において薬剤師が担う責任も大きくなってきています。

訪問薬剤管理指導と居宅療養管理指導の違い

患者の自宅で行われる薬剤管理指導には、訪問薬剤管理指導と居宅療養管理指導がありますが、実際に薬剤師が行う業務内容については違いはありません。介護保険で行われるものが居宅療養管理指導で、医療保険で行われるものが在宅療養管理指導ということになります。保険薬局の場合は、みなし指定制度というものがあり、特に指定不要の申し出をしない限り、介護保険での委託療養管理指導サービス業者となります。一方、医療保険においては、在宅薬剤管理指導を行う旨の届け出が必要になってきます。


在宅での薬剤管理指導で実際に行うこと

在宅での薬剤管理指導では、薬剤師はまず過去の薬の使用状況や副作用発現状況等について確認把握をします。薬の服用についての注意や指導、しっかりと服用できているかの確認、薬の効能・効果の説明、患者の副作用歴の確認・把握、相互作用や重複使用の確認、薬の保管管理、過去における薬歴等の確認を行います。そして指導対象となった患者ごとに、薬剤管理指導記録を作成します。この薬剤管理指導記録には、患者の氏名・生年月日・性別・住所といった基礎情報に加え、投薬歴、訪問日、訪問した薬剤師の氏名、処方医から提供された情報の要点、実施した薬学的管理内容、訪問時に行った指導事項、処方医等に提供した訪問結果に関する情報の要点等を記載して、記入日から最低3年間保管する必要があります。もし麻薬が投与されている場合は、麻薬に関わる薬学的管理内容や服薬状況等の記録も必要となり、麻薬管理指導加算を算定できるようになります。


在宅での薬剤管理指導のポイントと留意点

在宅での薬剤管理指導は、患者宅にて行われますが、患者の日頃の日常に近い部分に接することができる大きなチャンスであり、患者の日常生活動作能力をみたり、家族状況を確認したり、性格を確認したりといった紙の上からだけではなかなか判断できないような情報を肌で感じることができます。患者が入院から退院して在宅療養に移ったとしても、またその逆であったとしても、主治医との連携や、薬-薬連携によって、スムーズに患者がケアされていけるよう努める必要があります。訪問前には、しっかりと医師と相談し、患者の心身の特性や処方薬を把握し、訪問時にはしっかりと薬歴管理ができるように準備をします。そして服薬情報や薬剤保管状況等も確認し、その結果を医師をはじめとした関連スタッフにフィードバックしていきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング