求人は経験者のみ!? 漢方薬局のメリット・デメリット

公開日: 2015年02月20日
著者: 薬ハピ編集部
Admin
プロフィール
  • 薬ハピ編集部

漢方薬局などでのメリット/デメリット

漢方薬局は、調剤薬局やドラッグストアに比べて店舗数も少なく、求人も非常に少ない状況です。仮に求人があったとしても、処方箋のない相談販売のため、長年の経験や知識、接客業としてのスキルが必要で、原則的に経験者でないと採用は難しくなっています。

年収相場は250~360万円と、他の薬剤師の仕事に比べ確実に少ない傾向にあります。家業(個人経営)の店舗も多く、日祝や深夜まで営業している店舗が多いため、プライベートを優先させたい人には務まらないかもしれません。単に薬剤師として調剤業務だけをしていればよいというわけにもいきません。本気で漢方を勉強したい、極めたいなど、一生漢方と関わり続ける覚悟が必要になるかもしれません。

もし、どうしても漢方薬局で仕事がしたい場合は、求人が出るまで通信教育で勉強をしたり、派遣で就業しながら機会を待つという方法もあります。いずれにせよ、漢方を専門としてキャリアを築きたいという強い熱意がないと厳しい職種であることに変わりはありません。

メリット

  • 自分の指導で患者さんを回復に向かわせることができる
  • 漢方薬の知識を得ることができる


デメリット

  • 給与水準が低く、昇給も期待できない
  • 限られた患者さんしか診ることができない



漢方薬局などに向いている人/向いていない人

向いている人

  • とにかく漢方を究めたいという人
  • 雇用条件よりも業務内容を優先したい人
  • 修行期間が長くても耐えられる人
  • 患者さん(お客さん)の微妙な表情や感情の変化にも敏感に察してあげられる人


向いていない人

  • 仕事内容よりも年収の高い仕事に就きたい人
  • 飽きっぽい人
  • 患者さん(お客さん)の話を聞くのが苦手な人

このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング