ジェネリック医薬品をしっかり説明する

公開日: 2015年02月20日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
医療費削減のためにも、厚生労働省はジェネリック医薬品の使用促進に取り組んでいて、一般名処方箋や後発医薬品への変更調剤が可能になっています。したがって、薬剤師のジェネリック(後発品)への変更に関する説明責任やその重要性が増してきています。

しっかりと理解されていないジェネリック医薬品

テレビのCMなどでも宣伝するようになり「ジェネリック医薬品」という言葉については、聞いたことはあるという人は増えてきていますが、ジェネリックの意味や存在意義まで理解している人はそれほど多くありません。漠然となんとなく安い医薬品という感じの認識はあるけど、よくわからないという人も多いようです。患者さんにジェネリックを奨める時に重要なことは、患者の視点にたってジェネリック医薬品に変更することでどのようなメリットがあるのかを説明し納得してもらうことです。価格が安いというメリットは重要なことですが、先発医薬品との相違点をしっかりと考慮し、メリットがある場合等は説明することも大切です。


薬剤師の裁量に任されたジェネリック医薬品の選択

一般名処方や後発医薬品に変更調剤が可能となっているものは、患者さんの同意を得たうえで、ジェネリック医薬品に変更できますが、ジェネリック医薬品には添加物が違うもの、剤型が違うもの、味が違うものなどがあり、薬剤師の裁量で決めることができます。添加物や剤型、大きさが違うジェネリック医薬品の中からどの医薬品を選ぶかは、患者さん独自の背景や状況によっても違ってきます。味などの患者さんの嗜好の問題もあります。患者さんにあったジェネリック医薬品ということで、単に価格が低いということだけでなく、剤型や添加物も違い、飲みやすいなどのメリットもしっかりと説明するようにすれば、説得力が増してきます。


ジェネリック医薬品のメリットを説明

ジェネリック医薬品を使うときは、安定供給できるかどうかというのも一つの大きなポイントになります。先発医薬品からジェネリック医薬品に変更した場合、添加物や味、剤型が違ったことにより患者さんの満足度がアップしたり、コンプライアンスの向上につながったりするというケースもあります。処方を変更したとき等は特に今までと変わった点がないかなどを質問するなどの確認も大切です。
患者さんに適したジェネリック医薬品を選択するには、患者さんの背景、嗜好、性格等を把握しておくことが重要で、そのためにも日頃からの患者さんとのコミュニケーション、信頼関係の構築が大切になっています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング