患者さん主体の医療実現のための服薬ケア

公開日: 2015年02月20日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
服薬ケアとは、QOL(生活の質)の向上を目的に患者さん主体の医療実現のために、薬剤師が担うべき医療のあるべき姿を概念化して、理論体系として再構築したものです。単なる知識や技術だけではなく、心構えや行動規範、姿勢こそが大切になってきます。

服薬ケアの倫理・基本的な考え方

服薬ケアは、新しい薬剤師のケアの概念で、日本薬剤師会が定めた薬剤師倫理規定よりもっと踏み込んで倫理規定を定めています。ワンランク上の薬剤師を目指す服薬ケアを考えるとき、医薬品という物を考えるのではなく、患者さんの人生の価値をどのように高められるかという発想が大切になってきます。そのためにはもちろん、正確で幅広い知識の学習、高い技術の習得といった日頃の努力も大切になってきます。そしてそのようにして身につけた知識や技術を、仲間と共有し、後輩に伝えていくということも重要な課題です。そして服薬ケアの最終目的は、患者さんが理想の人生を追及するQOLの向上です。薬剤師は医療従事者として、幅広い知識や確かな技術は言うまでもなく、理性的かつ合理的思考力、判断力、人間味豊かな思いやりのある心がバランスよく保たれていることが求められ、それができてこそ、真の服薬ケアが行えます。


服薬ケアで言われる「与える愛のおもい」

服薬ケアの実践の源を一言でいうと、「与える愛のおもい」と言われています。つまり見返りを求めない与えきりの愛のおもいということになります。そんな仙人みたいなことを言われてもと思いますし、そんな自分は聖人にはなれないと思うのが普通の人ではないかと思いますが、そのくらいの気持ちをもってということなのだと思います。なかなかできることではないと思いますが、それだからこそワンランク上の薬剤師を目指すためにも肝に銘じておかなければいけないのかもしれません。そのために必要なことは相手をとことん理解することということになりますが、それは「傾聴」の大切さであり、医療は人間関係を基本としているということにつながります。


生活習慣病の患者さんの感情にも敏感に

薬物治療は、患者さんがきちんと服薬してくれることが前提になっています。しかし特に生活習慣病の患者さんは、いくら薬物療法を行っても原因となっている生活習慣の改善ができなければ、治療目標を達成することはできません。そこで重要になってくるのが患者さんの感情を理解することです。理解することにより、共感し信頼関係ができ、コンプライアンス向上を図るとともに、生活習慣を改善するという行動に向かわせることもできるようになります。ワンランク上の薬剤師を目指すのであれば、ただ薬学的なチェックをして、正確に調剤するというだけでなく、個々の患者さんの気持ちを理解し、患者さんが納得して満足し、自主的に服薬行動したり、生活習慣を改善したりしていくようにするということまで常に意識していることが重要です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング