薬歴管理に必要な情報収集のあり方

公開日: 2015年05月18日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
薬歴管理に必要な情報収集には、初回質問表で記載したもらった生年月日や性別、アレルギー歴といったもの以外にも患者の服薬による体調変化や他の医療機関受診の有無、併用薬や副作用についてなど日々状況が変わっていくものがあり、こうしたものはその都度必要に応じて情報収集する必要があります。

調剤や服薬指導にもつながる大切な情報収集

薬歴管理において、処方についての記録は医療機関から出される処方箋を、調剤記録に関しては以前の来局記録やお薬手帳より、患者のプロフィールは初回質問表などにより確認できますが、服薬や服薬指導により得られた情報や患者の近況、患者の自覚症状、検査値の変化などについては、来局の度に患者さんとコミュニケーションを取って情報収集していくしかありません。コミュニケーションといっても言葉だけではなく、患者さんの顔色、表情、声など言葉以外の変化にも注意を払います。たとえば服用している薬で出やすいとされる副作用の初期症状と思われるような症状はないか、前回の来局時から逆算してお薬をきちんと飲まれているかといった情報も、調剤や服薬指導において大切な情報となり得ます。処方された薬物が変更になっていたときなどは、何らかの変化があったと考えられますので特に注意が必要です。

患者が話したい内容の話の中にも聞きたいことのヒントが

情報収集の中で、一番大変なのが患者さんからの情報収集になるかと思います。患者さんが話したいことや聞いてもらいたいことと、薬剤師が聞きたいことは必ずしも一致していないのがコミュニケーションの難しいところです。頭から紋切り型に薬歴簿に記載すべき内容だけを取調べ尋問のように聴いていくと、その中には患者さんが話したくないような内容もあるかもしれません。まずは患者さんが話したいことを聞いてあげることもうまいコミュニケーションをとるのに有効な場合もあります。気持ちよく話せた患者さんは、多少話したくない内容でも自分の話を聞いてくれたのだからと、そのハードルが下がってきます。また患者さんがしている話したい内容の会話の中から、さりげなく、「それじゃお疲れじゃないですか?」といった現在の体調に関する事項を聞きだすといったこともできます。会話の中に、うまく聞きたい内容を関連づけて聞き出していくというのも、うまくコミュニケーションをとりながら欲しい情報を聞き出すコツかもしれません。たとえば、「お薬はちゃんと毎日飲まれていますか?」とストレートに聞くより、会話の中で出かけた時の話がでて、「お薬もちゃんと持っていかれました?」と聞くと、「それがちょっと忘れてしまって・・・」と正直な答えが返ってきたりします。正直に話してもらうためにも、患者さんが話しやすい雰囲気づくりも大切です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング