確認しておきたい患者のコンプライアンス

公開日: 2015年06月19日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
医師がしっかりと的確に診断をくだし、薬剤師がきちんと処方箋鑑査をし、優れた薬を用いて完璧な調剤をしたとしても、それは患者がきちんと用法・用量を守って薬を飲んでくれなければ、何の意味もなくなってしまいます。

薬を飲まなかったのにもいろいろな理由が

薬剤師は、再度来局した人がいた場合、前回の薬がきちんと飲めているかを考えることが重要な仕事の一つです。薬を指示通りに患者さんが飲んだかどうかは、コンプライアンスということになります。ちゃんと薬を飲んでいたかどうかをチェックするのですが、単に薬をきちんと「飲んでいた」「飲み忘れた」というだけでなく、飲めなかった理由を上手に聞き出すことが大切です。以前、薬歴作成の際に患者さんからいろいろ聞き出した内容によって、ある程度患者さんの性格や生活習慣におけるクセみたいなものが記載されていれば、それらも参考に服薬指導を行います。単純に、「薬をときどき飲み忘れた」ということを聞き出し、それに対してコンプライアンス厳守ですので、「薬はちゃんと忘れずに飲んでください。」と指導するよりも、飲めなかった理由を聞き出して、それに対する対策を考え服薬指導するなり、剤形変更を考えたりするのも薬剤師の役割になります。一言でコンプライアンスといっても、薬を飲めなかった、あるいは飲まなかった理由は人それぞれです。昼間忙しくて飲めなかったのか、薬の副作用を心配して患者さんがあえて飲まなかったのか、薬の大きさや味が合わずに飲まなかったのか、副作用を心配して飲まなかったのか、実際に副作用が起こったのでやめてしまったのか、その理由によって対応の仕方が変わってきます。

来局間隔にも注意をはらってコンプライアンスチェック

患者さんのコンプライアンスを考えた時、昼間忙しい場合は生活環境上による服用への負担軽減や、1日の服用回数を検討するといった方法があります。副作用が気になるのであればその不安を払拭するためにきちんとした説明が必要になります。大きさや味が合わない場合は他の薬剤の使用の検討を考えたりすることになります。こうしたことを薬歴に記載していくことにより、より薬歴簿が充実したものになっていきます。コンプライアンスのことを考えた場合に、残薬の確認も重要なのですが、もう一つ重要なチェックポイントが来局間隔になります。たとえば、前回14日処方が出ていたのに、来局が1ヵ月後であれば、お薬手帳を確認し、別の薬局に行った形跡がなければ、その間服薬していないことを疑います。単純にお薬手帳の持参を忘れてお薬手帳に記載がないというケースもありますので、患者さんにしっかりと確認することも大切です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング