あなたはどっち キャリアで違う職歴書2つの形式

公開日: 2015年02月20日
著者: 薬ハピ編集部
Admin
プロフィール
  • 薬ハピ編集部

職務経歴書作成のポイント

職務経歴書は、あなたがこれまでに仕事で経験してきた経歴や、身に付けてきたスキルをまとめたものです。あなたが薬剤師としてどんなことができるのかをアピールするためのものですから、効果的にアピールできるように努力しましょう。
アピールポイントはできるだけ多く書き込める方が望ましいですが、キャリアの多い人はすべてを書きこんでしまうと逆に読みにくくなります。通常はA4サイズ1枚程度で簡潔にわかりやすく簡潔にまとめるのがベターです。

書式・形式

職務経歴書に、一般的な決まった書式はありません。見る人のことを考えて、簡潔で見やすい書式を心がけましょう。

ただし、書き方には大きく分けて2つの形式があります。時系列順に経験した業務内容をまとめるタイプと、手がけてきた職務分野ごとにまとめるタイプの2つです。あなたがどういうキャリアを持っているかによって書き方も変わってきますので、どちらの書き方がよりわかりやすく効果的にアピールできるのかを考えましょう。

時系列順にまとめた方が良い人は、社会人としての経験が浅い人や、一つの業務でのステップアップをアピールして転職したい人などです。また、職務分野別にまとめた方が良い人は、様々な業務に従事してきてそれぞれに実績のある人、今後新しい業務や職種にチャレンジしていきたい人などです。

職務経歴書を書く際は、「私」「僕」といった一人称は不要です。また、「~をしました」という叙述的な文章スタイルは取らずに、できるだけ箇条書きにしましょう。それから院内・社内の用語、一般的でない略語などは使用しないようにしましょう。


作成ツール・ページ数

現在ではパソコンやワープロで作成するのが一般的です。修正や更新が容易ですし、それを受け取って読む採用担当者や面接官の側にとっても読みやすいので好まれます。書類全体の見た目はとても大事ですので、行頭や行末をそろえる等、レイアウトを工夫しましょう。また、文字に色を付けたり、装飾を施したりする必要はありません。A4用紙に横書きが一般的なので、そのようにページ設定しましょう。

ページ数(枚数)については、1ページ(枚)にまとめるのが一般的です。キャリアが豊富でアピールポイントも多い場合には、2ページ(枚)程度に増えてもかまいませんが、あまり多く書き込みすぎると逆に採用担当者や面接官が目を通すのが大変になってしまいます。すっきりと簡潔にまとめるように努力しましょう。

作成してプリントアウトしたものには、手書きで署名をするようにしましょう。修正ペンや修正テープは使わないようにします。手書きで書き損じた場合は迷わずにもう一度プリントアウトして書き直しましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング