知ってた?自己紹介で語るべきこととは

公開日: 2015年02月20日
著者: 薬ハピ編集部
Admin
プロフィール
  • 薬ハピ編集部

面接で重要なポイント

面接では、主に以下のような話題を話すことになります。
これらの話題を簡潔にわかりやすい伝えることが、面接での重要なポイントとなります。
  • 自己紹介(自己PR)
    自分の経験や実績、性格の長所・短所など
  • 志望動機
    なぜ応募したのか、どんな仕事をしたいか
  • 転職(退職)の理由
    以前(現在)の職場をなぜ辞めたのか(辞めたいのか)


自己紹介(自己PR)

自己紹介では過去よりも未来を語る

面接ではまず、どんな仕事をしてきたのか、どのような経験を積んできたのかを聞かれます。自己紹介の時間をとってもらっていると思ってください。
その際に、自分の経験や実績を簡潔に説明することは大切ですが、もっと重要なのは過去よりも未来について語ることです。
自分は仕事でどんな結果を出してきたのか、それを今後はどのように活かしていきたいかを伝えましょう。
将来的に目指したい方向や転職後に実現したいことなどを、その応募先の業務の中でどう生かしていけるのかをイメージできれば、やる気や熱意を伝えることができるでしょう。


志望動機

志望動機を自分の言葉で伝える

志望動機は履歴書にも書いているでしょうが、なぜその転職先として応募したのかをあらためて自分の言葉で伝えましょう。
ただ「将来性のある分野だから」「事業内容に共感するから」というような紋切り型の説明では、面接官に「別にうちの会社でなくてもいいんじゃないか?」と思われたりしかねません。
応募先のどこに魅力を感じるのか、自分なりの言葉や視点で具体的に説明して理解してもらうことが大切です。
また、そこで実際にどんな業務に就きたいのか、自分の経験をどう活かせそうかといったことまで具体的に説明できるようにしておきましょう。
そのためには、応募先の会社の事業内容や求人内容をよく知ることが重要です。あらかじめホームページなどに目を通し、求人情報にある仕事内容と照らし合わせて、どのような人材が求められているのかを理解しておきましょう。
応募先の事業の特徴や良いところと、自分の強みや良いところをうまく結びつけて説明できれば、「積極的によく調べているな」と思ってもらえ、仕事に対してきちんと真面目に考えていると受け取ってもらえるはずです。
また、「面接ではこちらから質問しても大丈夫なのか?」と思う人も結構いますが、疑問点や不明点があるのであれば、確認させてほしいというスタンスで質問すると良いでしょう。
あるいは本当にその応募先の事業や業務に興味があれば、自然と知りたいことも出てくるはずです。それを直截に聞いてみるという態度も、応募先から見ればどれだけ興味を持って応募してきているのかを知るバロメーターになるはずです。相手や状況にもよりますが、本気度を示す上でも聞きたいことを直截に聞いてみることはあっても良いかもしれません。


転職(退職)理由はポジティブに

なぜ転職をしたいのか、事前に整理していた理由を簡潔に伝えましょう。この時、ポジティブな理由を2つ、3つ用意しておきましょう。
逆に、以前の(現在の)職場に対して「人間関係が悪い」「残業時間が多く休みが取れない」など、悪口を言うようなネガティブな発言はできるだけ避けた方が良いでしょう。
ネガティブな理由ばかりを述べると、空気を悪くしてしまうばかりでく、何事にもやる気のない人間のような悪いイメージを持たれかねません。
たとえ自分は悪くなくとも、ネガティブな退職理由をそのまま伝えるのは控えましょう。
あくまでも向上心を持って転職したいという前向きな気持ちを伝えましょう。
面接では自分を売り込むわけですから、控えめで遠慮がちにしているよりも、自信を持って堂々と臨む姿勢が大切です。
とはいえ、あまり強気に出ていては、「勘違い」「自信過剰」と思われてしまいます。自分の経験や実績に応じて、身の丈にあったアピールをしましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング