インフルエンザ以外にも新型ノロウイルスにご注意

公開日: 2016年01月13日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
冬場になるとインフルエンザとともにその流行が気になるのがノロウイルスです。ノロウイルスは毎年11月ごろから流行しはじめ、翌年の2月ごろまで大流行する感染性胃腸炎を引き起こします。ノロウイルスに感染すると、症状が出てくる場合のほとんどはいきなり、お腹がチクチク痛みだし、それがこみ上げるような痛みに変わり、お腹に不快感を感じたり、吐き気を催したりします。初期症状として微熱が出ることもありますが、免疫力の強い人では、感染しても症状が出ない場合や、軽い風邪程度の症状で済んでしまう場合もあります。

ノロウイルスの怖さはその感染力にあり

ノロウイルスの怖いところは、その感染力にあります。ノロウイルスはエンベロープを持たない一本鎖RNAウイルスです。エンベロープを持たないウイルスは、環境の変化に比較的強く、消毒剤や除菌剤が効きにくいという特徴をもっています。したがって、乾燥に強く、水の中でも大丈夫です。酸やアルカリにも耐性があり、高温にも強いうえに空気感染もします。汚染された二枚貝や汚染された井戸水からの感染もありますが、一般的には感染者の便や嘔吐物から人の手などを介して二次感染、家庭や共同生活者からの飛沫感染、食品取扱者・料理人の感染を介した感染といった感染ルートがあるので十分に注意が必要です。残念なことにインフルエンザと違いノロウイルスにはワクチンはなく、ノロウイルスによる感染性胃腸炎などの症状に対し、下痢止め、整腸剤、脱水症状のひどい場合に輸液といった対症治療が主体となります。ワクチンがないので予防が重要で、手洗い・うがい、85℃1分以上加熱した食品を摂る、調理器具や共有場所はしっかりとウイルス除去を行うといったことが大切です。ノロウイルスの消毒には、次亜塩素酸ナトリウムがよく用いられます。

迅速検査キットでも見落としてしまう新型ノロウイルス

遺伝子型の違いにより、ノロウイルスは人に感染するものとしては31種類知られています。 今までのノロウイルスはGⅡ4型というタイプが主流でしたが、2015年に入って新型のGⅡ17型というタイプが急増してきています。新型のGⅡ17型はヒトが免疫をもたないタイプなっているので、1人が感染発病すると、周りの人が次々と感染して広がっていくリスクが、従来のタイプのノロウイルスよりも高くなっています。またノロウイルスを検知するための迅速診断キットというものも開発されていますが、新型ウイルスが流行してきた場合は、遺伝子が変異していきているので、病院やクリニックで行われている迅速診断キットを使っても感染を見落としてしまう可能性もでてきます。2006年大流行の時は、床に吐かれた汚物の処理が適切でなかったため、掃除や人が歩いたりするたびに微量のウイルスが舞い上がり、それを吸引することで集団感染も起きています。消毒には、便や吐物が付着した床やおむつ等に対しては0.1%の次亜塩素酸ナトリウム、衣服や器具などのつけ置きやトイレの便座やドアノブ、手すり、床といった場所に対しては、0.02%の次亜塩素酸ナトリウム溶液が有効であるとされています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング