どんな経験があればいい!?転職に有利な実績は

公開日: 2015年02月20日
著者: 薬ハピ編集部
Admin
プロフィール
  • 薬ハピ編集部

スキル・キャリアにこだわる

薬剤師の転職で有利になるのはスキルとキャリアです。「調剤などの技術はどこも同じなのでは?」などと思っている方は注意してください。スキルやキャリアは経験した職種や勤めた職場によってもかなり違いがあり、それが身に付いていなければ有利な転職ができるかどうかも変わってきます。

まず、薬剤師が身に付けておきたいスキル・キャリアにどんなものがあるのかを考えてみましょう。実際に薬剤師が「今後どんな経験を積みたいか?」をまとめたアンケートでは、以下のような回答がありました。

※薬剤師が今後身につけたい経験
  • 総合科目を取り扱える調剤の経験
  • OTC販売の経験
  • 在宅業務の経験
  • 病院薬剤師の経験
  • 漢方調剤の経験
  • 管理職としての経験
  • 独立の経験(調剤薬局、もしくはドラッグストアの経験)
  • その他

業種別に違う身に付けておきたいキャリア

上記のような経験は、薬剤師が希望する次の転職先で必要になるものを想定しています。高齢化が進み、医療費が増加している現在では、薬剤師の力が様々な場で必要とされていますが、その分、活躍する職場も拡がってきています。病院やクリニック、調剤薬局、調剤薬局が併設しているドラッグストア、普通のドラッグストア、治験関連の企業、その他と、業種別にそれぞれで身に付けておきたい経験は違ってきます。

例えば、調剤薬局や調剤併設ドラッグストアでは「総合科目に扱う薬局の経験」や「在宅業務の経験」、「漢方調剤の経験」などキャリアの幅の可能性を広めていける経験が多いようです。

薬剤師にとって患者さん等とのコミュニケーションは欠かせませんから、接客スキルを磨ける「OTC販売の経験」は業種を問わず経験しておきたいものです。転職でもプラスになると考える薬剤師は少なくありません。

また、「管理職としての経験」を積みたいと考える薬剤師は、すでに病院や企業で働いている方の割合が多いようです。


取得しておきたい人気の資格は?

では次に、業種別に薬剤師が「どのような資格を取りたいと思うか?」の回答を見てみましょう。薬剤師としての専門性を高め、キャリアアップや年収アップを考えるなら、資格は取っておくべきでしょう。ただし、持っていた方が良い資格も業種や職場によって変わってきます。調剤薬局、調剤併設ドラッグストア、ドラッグストア、病院、企業のカテゴリでの上位5位は、それぞれ以下のようになります。


※【調剤薬局】人気資格ランキング
1位 研修認定薬剤師
2位 漢方薬・生薬認定薬剤師
3位 認定実務実習指導薬剤師
4位 スポーツファーマシスト
5位 在宅療養支援薬剤師

※【調剤併設ドラッグストア】人気資格ランキング
1位 在宅療養支援薬剤師
2位 漢方薬・生薬 認定薬剤師
3位 プライマリ・ケア認定薬剤師
4位 栄養サポート(NST)専門薬剤師
5位 認定実務実習指導薬剤師

※【ドラッグストア】人気資格ランキング
1位 在宅療養支援薬剤師
2位 漢方薬・生薬認定薬剤師
3位 がん薬物療法認定薬剤師
4位 妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師
5位 栄養サポート(NST)専門薬剤師

※【病院】人気資格ランキング
1位 研修認定薬剤師
2位 感染制御認定薬剤師
3位 栄養サポート(NST)専門薬剤師
4位 抗菌化学療法認定薬剤師
5位 漢方薬・生薬認定薬剤師

※【企業】人気資格ランキング
1位 研修認定薬剤師
2位 漢方薬・生薬認定薬剤師
3位 がん薬物療法認定薬剤師
4位 がん専門薬剤師
5位 栄養サポート(NST)専門薬剤師


自分が志向するキャリア、積みたい経験に応じて、取得する資格が違ってきます。総じて、実習指導や漢方系の資格が人気となっています。

調剤併設ドラッグストアでは、在宅系資格がトップとなりました。これは在宅医療での薬剤師の需要が高まっている証拠でしょう。

また通常のドラッグストアでも、がん薬物療法認定薬剤師や妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師など、これまで病院薬剤師向けだった資格の人気が高くなってきています。入院の必要はないけれども、来店する自宅療養している患者さんへの対処から必要になってきていると考えられます。

病院では、感染制御認定薬剤師など、実際の業務に関係した資格の必要性が高いようです。

それから、漢方系の資格はどの業種でも人気ですが、せっかく資格を取得しても漢方を取り扱っている薬局はそれほど数が多くないということと、あまり求人がないという現状を踏まえておいてください。もし今後どうしても漢方を扱いたいという場合は、独自に勉強しながら求人の出るチャンスを待つぐらいの構えでいると良いでしょう。また、漢方関連の転職仲介の実績がある人材紹介会社に登録して、コンサルタントにも希望を伝えておくようにしましょう。

ただ漠然と仕事をしているだけでは、良い転職はできません。自分の得意分野や専門性を意識して、「自分は薬剤師としてこう在りたい」と思える姿に近づけるような経験を積み、スキルを磨いて、転職を成功させましょう!

しかし、自分のキャリアやスキルがどの程度のものなのか、あるいは将来どの方向に進めばいいのか一人で決まるのはなかなか大変です。そんな時は、人材紹介会社のコンサルタントにキャリアプランを相談してみるのと良いでしょう。そして、あなたの経験・スキルと希望を理解したコンサルタントなら、それにふさわしい転職先を探し出してくれるはずです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング