薬剤師倫理規定などにある薬剤師の倫理的責任

公開日: 2015年02月20日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
医薬品は生命関連物質であり、特に医療関係者にはしっかりした倫理が必要になってきます。倫理の部分に関しては、法令では努力規定として示されたり、規則・規定・ガイドラインで記されたりしています。薬剤師の倫理に関連した規則・ガイドライン・規定をまとめてみました。

患者の治療に関係した2つの療養担当規則

医療関係者に関連した主な療養担当規則には2つあります。1つ目が、「保険医療機関及び保険医療養担当規則」で、保健医療機関は丁寧に療養の給付を担当しなければならないとしていて、保険医に対しても診療では丁寧を旨とし、療養上必要な事項は理解しやすいよう指導しなければならないとしています。2つ目の「保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則」は、より保険薬剤師に特化した内容になっていて保険薬剤師は、保険医等の公布した処方箋に基づいて、患者の療養上妥当適切に調剤並びに薬学的管理及び指導を行わなければならないとしています。


薬務局長通知の薬局業務運営ガイドライン

薬局業務運営ガイドラインは、平成5年に厚生労働省薬務局から出された局長通知の形になっています。
これは薬局が医薬分業を推進し、患者指向の良質な医療を提供し、地域医療に貢献していくためにまとめられているガイドラインです。薬局は医療機関から経済的・機能的・構造的に独立していなければならず、医療機関と処方箋のあっせんにおける約束の取り交わしが禁止されています。もちろん特定の製造業者や特定の卸売業者等と限定的に業務を行ってはならないとされています。さらに適切な一般用医薬品の供給等についても言及されています。


薬剤師綱領と薬剤師倫理規定の内容について

薬剤師の倫理規定というと、日本薬剤師会は1973年に「薬剤師綱領」を出しています。それによると、薬剤師は医療水準の向上に資することを本領とし、国民の健康増進に寄与する社会的責任を担い、人の生命健康にかかわることに深く思いを致し、絶えず薬学、医学の成果を吸収して、人類の福祉に貢献するよう努めると記されています。さらに日本薬剤師会は「薬剤師倫理規定」を1997年に制定して薬剤師が守るべき倫理を明文化しています。それは生命・健康の保持増進に寄与する責務を担って、その責務の根底には生命への畏敬による倫理があるとして、10条からなる規定になっています。任務、良心と自律、法令等の遵守、生涯研鑽、最善尽力義務、医薬品の安全性等の確保、地域医療への貢献、職能間の協調、秘密の保持、品位・信用等の維持について規定されています。

特に第2条の「薬剤師は、常に自らを律し、良心と愛情をもって職能の発揮に努める」、第4条の「先人の業績を顕彰し、後進の育成に努める」、第5条の「患者の利益のため職能の最善を尽くす」、第8条の「他の関係職能をもつ人々と協力して社会に貢献する」というところが、医療関係者としての薬剤師の倫理を考えるのに重要な記載になっています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング