大切な薬剤師のコミュニケーション

公開日: 2015年02月20日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
薬剤師は、治療をスムーズに行うためにも患者さんや医療スタッフとのコミュニケーションは重要なスキルのうちの1つです。医療スタッフとの連携はもとより、患者さんからは必要な情報をうまく聞き出すといったことも必要となり、それによって得た情報が治療効果を高めていきます。

適切な医療を行うために必要不可欠な患者インタビュー

薬局では様々な患者さんに対応し、面談・相談を行っています。患者さんが面談時にちょっと話したことに治療に対する問題点のヒントが隠されているといった場合もあります。薬剤師には高いコミュニケーション能力が求められるのですが、これは単に患者さんとうまく世間話をするという技術ではありません。
薬剤師は患者さんと話をすることによっていろいろな情報を得ることできます。処方箋や薬歴と照らし合わせることで、医師の治療方針なども見えてきますし、処方した薬の評価の参考になる発言があるかもしれません。また患者さんの治療に対する理解度がわかるといった場合や、問題となる生活習慣があぶり出されるかも知れません。大切なのは「患者さんの役に立ちたい」という誠実さ・使命感ですので、話が下手だと思っていても、患者さんの悩みや要望に真摯に応えようとすれば、患者さんにもそれが伝わっているものです。


患者さんとのコミュニケーションの重要性

薬局も面分業となり、様々な医療機関からの処方箋がきます。院内処方で決められた医師からの処方だけというのであれば、医師の考え方や治療方針、医薬品評価などについても把握することが可能ですが、特定の医師ではなくどこから処方箋がくるかわからない状態では、治療方針がなかなか見えない場合もあります。こうしたときに患者さんに確認したりすると、疑問点が解消される場合もあります。また情報を提供する場合は常に患者さんの視点に立つことが大切です。専門用語を並べるのではなく、患者さん自身が治療の是非を判断できるような説明をすることが、コンプライアンスの向上にもつながります。また患者さんの嗜好を聞き出すことで、より患者さんに則した形での医薬品の提供にもつながります。


コミュニケーションスキルを磨く方法とは

コミュニケーション能力は、本を読んだからといって1日や2日ですぐに向上するものではなく、日々の積み重ねが大切です。患者さんに限らず、人は自分のことを理解してもらいたいと思っています。つまりコニュニケーションで一番大切なのは相手の話をしっかり聴くという『傾聴』です。言葉をただ単に聞き流しているのではなく、患者さんが何を言いたいのか、伝えようとしているのかをじっくりと聴きます。コミュニケーションは、立て板に水のごとく流暢にペラペラしゃべるのではなく、患者さんの目を見て、表情をみて、相手の体の状態も見ながら、高齢者や子供の場合はそれらも考慮して、わかりやすい言葉と明るい笑顔で対応し、患者さんが話しやすい環境をつくることが大切です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング