チーム医療に携わる病院スタッフたち

公開日: 2015年02月20日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
医療従事者には、医師・看護師などの国家資格の他に、訪問介護員や介護支援専門員などの資格もあります。最近では患者を中心として異なる医療従事者がそれぞれの立場で協力し、個々の専門能力を相補的に発揮しながらの治療が行われることにより質が高い医療が提供されるようになっています。

円滑なチーム医療スタッフと役割

円滑にいっているチーム医療スタッフ同士は、共通の課題を理解していて、お互いの能力を知っていて尊重しあっています。そして合同カンファレンスが行われたり良好なコミュニケーションが取れています。一方、チーム医療の阻害要因となるのが、ヒエラルキー(上下関係)やセクショナリズム(縄張り意識)だと言われています。患者がいたとすると、医師が治療し薬を処方します。薬剤師が薬を処方し看護しが褥瘡予防や排痰処理を行い、臨床工学士が人工呼吸器を管理し、管理栄養士が栄養状態を管理します。さらに医療ソーシャルワーカーが患者さんやその家族と治療費の相談を行います。国は診療報酬においても栄養サポートチーム加算や呼吸ケアチーム加算といったチーム医療加算を導入し、チーム医療推進の施策を打ち出しています。


患者さんとのコミュニケーションの重要性

チーム医療でよく出てくるスタッフは、国家資格をもった医師(全国約30万人)、看護師(約100万人)、薬剤師(約30万人)で看護師は療養上の世話や診療の補助、患者さんのケアを行います。これとは別に知事が免許を与えている准看護師(約35万人)がいます。保健師は保健指導や患者の療養上の指導を行い、助産婦は助産とそれに関連した保健指導を行います。検査スタッフには、臨床検査値を測定する臨床検査技師(約5万人)、画像診断等で放射線を管理する診療放射線技師、生命維持管理装置の操作・点検を行う臨床工学士といった資格者もいます。リハビリスタッフは、運動療法や物理療法をサポートする理学療法士(PT)、日常生活動作訓練などの作業療法をサポートする作業療法士(OT)、視機能障害者に矯正訓練や検査を行う視能訓練士、言語・聴覚障害者に発声訓練を行う言語聴覚士等がいます。栄養関連では、知事免許による資格の管理栄養士がいます。


介護・福祉分野における専門スタッフ

介護・福祉分野でも、入浴や排泄・食事などをサポートする介護福祉士、福祉の相談に応じて助言をしてくれる社会福祉士、精神障害者の社会復帰を助ける精神保健福祉士がいます。要介護者やその家族から相談を受け、適切な介護サービスを受けれるようにケアプランを作成していく介護支援専門員(ケアマネジャー)は、医用・福祉の有資格者で5年以上の実務経験を有する者が試験と研修を得て資格取得しています。その他、身体介護や家事援助などの介護サービスを行う訪問介護員(ホームヘルパー)なども医療従事者として扱われています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング