手指の衛生と咳エチケットが大切な医療従事者

公開日: 2015年02月20日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
病院にはいろいろな患者さんがいて、また調剤薬局にも風邪をひいた人、インフルエンザにかかった人などいろいろな感染症の患者さんがやってきます。薬剤師等の医療従事者は、一般の人に比べて感染を拡げてしまうリスクが常にあるので、衛生面で特に注意しなければなりません。

手指衛生と注意すべきいろいろな感染ルート

医療関係者の手指の衛生は非常に大切で、油断をすると病原体の伝播役になってしまう可能性があります。患者の傷口や分泌物だけでなく、身の回りの物からも感染することがあります。特に病院で働いて患者と直接接している医療関係者は、手指等を介して病原体に汚染されやすい環境にあります。そしてその手で他の医療スタッフや患者さんに接触することで、さらに汚染を拡げてしまいます。その接触された医療スタッフが別の患者さんと接触したりして、どんどん感染が拡がっていってしまいます。薬剤師は手で薬を調合しています。手指を清潔にしていないと、薬を通して感染を拡げてしまうという可能性があることに十分注意し、つねに清潔にしておくことが大切です。特に手の洗い方をしっかりする必要があります。


アルコール消毒し、見える汚れは石鹸と流水

薬剤師の場合は、医師や看護師よりは直接患者と接触する機会はそれほど多くはないかと思いますが、衛生面には注意し定期的に手指を洗うことが大切です。速乾性アルコール消毒液を手に取り、両手の指先に擦り込み、指を組み掌に擦り込んでから、さらに両手の甲にも擦り込みます。続いて親指と手首に丁寧に擦り込んでから乾燥させると良いでしょう。手指に明らかに汚れがついているときは石鹸と流水によって1分くらいの時間をかけてしっかりと手洗いすることが大切です。掌、手の甲、親指を洗った後、指先や爪、手首も忘れずにしっかり洗うことが重要です。手は完全に乾かさないと、病原体が繁殖しやすくなるので注意が必要です。


飛沫感染に有用なマスクの利用と咳エチケット

薬剤師の場合は、病棟に行かない場合や、調剤薬局の場合は、患者や患者の持ち物に直接接触しないので、手指からの感染のリスクは医師や看護師よりも低いですが、かぜやインフルエンザなどの飛沫感染には気をつけなければなりません。マスクは患者さんからの飛沫感染を防ぐとともに、他の患者さんに感染を拡げないためにも有用な手段です。サージカルマスクは5μmの粒子ををブロックする耐水性の不織布で細菌やウイルスから防護できます。N-95マスクは結核菌などの空気感染する病原体から微粒子をカットできます。また薬局での待ち時間に患者さんが別の患者にうつしてしまうというケースもありますので、マスクをするとか人に向かって咳をしないといった咳エチケットの啓発ポスター等により注意喚起している医療機関もあります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング