多岐にわたる日本薬剤師会の活動

公開日: 2015年02月20日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
日本で薬剤師に関連した組織というと真っ先に名前が出てくるのが日本薬剤師会です。薬剤師の倫理的及び学術的水準を高めるため、いろいろな情報を発信提供しています。また日本薬剤師会の会員は、所属する47都道府県薬剤師会の会員になっています。

薬剤師関連では最古にして最大の日本薬剤師会

日本薬剤師会(日薬:JPA)の歴史は古く、明治時代1893年までさかのぼります。薬剤師法が公布されたのが大正時代に入ってからの1925年なのでかなり長い歴史ということになります。その活動は、主に調剤に従事する薬局薬剤師に向けた調剤関連の支援事業が中心になっています。調剤における教本として薬剤師なら誰でも知っているバイブル本「調剤指針」の編集なども行っています。それ以外にも薬学教育、薬物乱用防止活動、禁煙運動への取り組み、ドーピング防止活動など幅広く活動をしています。現在は、法制委員会、薬価基準検討会、医薬品販売制度対策委員会、薬局製剤・漢方委員会、生涯学習委員会、DI委員会など23もの委員会と薬局薬剤師部会、病院診療所薬剤師部会などの7つの薬剤師部会があります。国際的にも国際薬剤師連盟(FIP)及びアジア薬剤師連合(FAPA)の正会員になっていてグローバルに活動しています。日本薬剤師会は公益法人となっていて、会員参加は自由参加制になっていますが、厚生労働省届出薬剤師28万人、薬局・医療施設従事の薬剤師約20万人に対し、約10万人の会員数にのぼる方々が日本薬剤師会の会員になっています。会員の約3/4は薬局薬剤師になっています。


日本薬剤師会と日本病院薬剤師会、それぞれの薬剤師会の違いとは

日本薬剤師会は、特に調剤業務支援を中心に活動されています。日本薬剤師会のホームページでは、厚生労働省からの情報がしっかりと入手できるようになっているだけでなく、会員になると日本薬剤師会自体が発信している情報も把握できるようになっています。紛らわしいのですが、「薬剤師会」と名前がつくものには、日本薬剤師会(日薬)の他に、日本病院薬剤師会(日病薬:JSHP)があります。日本薬剤師会は、日本医師会・日本医師会と並びいわゆる三師会と言われる団体で、その下部組織として47都道府県薬剤師会があります。一方、日本病院薬剤師会の一番の特徴は、一般社団法人で調剤薬局ではなく、調剤所としての病院の中での薬剤師に特化した病院薬剤師向けの団体という点です。調剤薬局の立場と病院薬剤師の立場では、それぞれ違うところもあるので並存しているとも言えますが、両者はお互いに連絡を取り合い協力しあっています。調剤に関連したものとしては日本薬剤師会が調剤指針編集を行い、日本病院薬剤師会はインタビューフォームの記載様式や記載項目の統一を図るなど病院のDI業務をサポートするような活動を行っています。それ以外にも一般社団法人等として日本薬品卸薬剤師会、日本女性薬剤師会、学校薬剤師会といろいろありますが、どれもそれぞれの立場の薬剤師の意見を集約しサポートしたり、有用な情報交換を行ったりということで存在しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング