幅広い分野の製薬業界を束ねる日本製薬団体連合会

公開日: 2015年02月20日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
医療の現場で実際に調剤する薬剤師の団体が薬剤師会だとすると、製薬メーカー等の管理薬剤師や薬事関連部門の人たちのためにあるのが、日本製薬団体連合会(日薬連:F.P.M.A.J)になります。医薬品開発、医薬品工業の健全な発達と国民生活の向上に寄与する目的で設立されています。

行政とメーカーとの橋渡し役=日本製薬団体連合会

日本製薬団体連合会は、その名の通り多くの団体の「連合会」となっているいわばとりまとめ役的な連合です。医療用医薬品メーカーから構成されている日本製薬工業協会(製薬協)をはじめ、その薬の種類や販売により日本医薬品直販メーカー協議会(直販協)、日本ジェネリック製薬協会、全国配置薬協会、日本OTC医薬品協会、日本漢方生薬製剤協会(日漢協)、日本臨床検査薬協会など14団体が加盟しています。また、東京の東京医薬品工業協会(東薬工)、大阪の大阪医薬品協会(大薬協)をはじめとした地域別団体が17団体加盟しています。医薬品は、医療用医薬品からOTC医薬品、配置薬、新薬からジェネリック医薬品、漢方薬、臨床検査薬などいろいろなカテゴリーに分かれますが、基本的な医薬品の共通事項を業界団体間でバラバラにならないようまとめあげ、医薬品添加物の表示ルールや、容器包装リサイクルに関連する表記事項のルールをとりまとめ、厚生労働省に報告するといったような形で活動が行われています。またそれとは逆に、厚生労働省から製薬メーカーに通知を出したいとき、各製薬メーカーに通知を出していたのでは大変なので、通常は日本製薬団体連合会宛てに通知が出され、そこから関連する団体に通知連絡されるようになっています。日本製薬団体連合会は、製薬メーカーと厚生労働省をはじめとした行政との間のパイプ役ともいえます。


日本製薬団体連合会の多岐にわたる目的と活動

日本製薬団体連合会の一番の役割は、いろいろと利害関係が異なる製薬メーカー間、製薬団体間での意見の調整をしてとりまとめ、行政に報告するだけでなく、時には意見を具申していくところにあります。医薬品や医薬品原料の品質改善や規格改善、流通の効率化向上を図っていくことで、医薬品産業の発展に寄与しています。製薬メーカー同士の親睦を図るのはもちろん、海外行政機関との連絡や情報交換、日本のルールを決める際の研究調査のための調査団の海外派遣なども行っています。行政と製薬メーカーとの窓口にもなっているので、外資系メーカーも含めほとんどの製薬メーカーが日本製薬団体連合会に加盟している日本製薬工業協会、東京医薬品工業協会、大阪医薬品協会などの製薬団体に加盟しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング