社会的必要性に応じて変化する診療報酬・調剤報酬

公開日: 2015年02月20日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
診療報酬は、保険医療機関および保険薬局が保険医療サービスに対する対価として保険者から受け取る報酬になります。診療報酬は、患者のための医療と情報提供、病院の機能分化、患者の早期社会復帰などをサポートする形で、医療費が効率的に配布されるよう配慮されています。

診療報酬と調剤報酬の関係とその内容

診療報酬は、厚生労働大臣が中央社会保険医療協議会の意見を聴いて定めている、各医療行為に対しての全国の統一価格です。初診料からはじまり、種々の診察料などの医療サービスにおける対価が含まれていますが、調剤薬局に関連した事項としては、診療報酬の中に保険調剤にかかる費用の「調剤報酬」という形で規定されています。保険調剤点数は1点10円の計算になっています。

診療報酬におけるサービスの対価がどれぐらいなのかということを示したものが、診療報酬点数表です。診療部分に該当する医科診療報酬点数表と、調剤サービス部分にあたる調剤報酬点数表に分けることができます。さらに調剤診療部分に関しては、調剤技術料、薬学管理料、薬剤料、特定保健医療材料に分かれています。調剤基本料は、処方箋の枚数ではなく、受付1回について算定されます。診療報酬には、いろいろな加算項目があり、行政が目指す医療制度にのっとった形のものに関して加算がされていく傾向があります。


診療報酬の方向性と調剤明細書の交付

診療報酬の医科診療報酬部分については、基本診察料として、初診料・再診料・入院料等があり、その他、医学管理、在宅医療、検査、画像診断、投薬、注射、処置、手術、病理診断などを行うごとに点数が加算されていきます。調剤報酬部分の調剤技術料は、調剤基本料と調剤料に分かれていて、剤型によって点数が分かれています。また調剤基本料では、ジェネリックの推奨、時間外・深夜・休日サポートなどのサービスに対して報酬を厚くしています。

適正使用と服薬指導という面では、お薬手帳による情報提供による服薬情報等提供料等の加算があります。診療報酬も2年に1度改定が行われ、少子高齢化社会に向けた保険診療の在り方について検討されています。2年に1度行われる診療報酬や調剤報酬の算定は、疾病構造の変化や再生医療などの新医療技術の導入に加えて、医療経営状況や医療費の動向等も考慮に入れ、決められていきます。

2006年度の診療・調剤報酬改訂では、「領収書」の無償交付が義務付けられ、さらに2010年度の改訂では保険薬局に対して「調剤明細書」の無料交付が義務づけられました。したがって、患者さんが医療機関を受診して薬をもらった場合、その明細がすべてこと細かにわかるようになっています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング