薬剤師の患者との面談による対話の重要性

公開日: 2015年02月20日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
薬剤師にとって、患者との面談は、処方された医薬品を適正使用してもらう上でも非常に重要です。特に入院患者においては、診察録から収集した情報をもとに、薬学的視点から患者と面談を行い、医薬品の適正使用に役立つ情報を収集するとともに、服薬指導・管理指導を責任をもって行う責務があります。

患者との面談前にやっておくべきこと

病院薬剤師にとっては、患者との初回面談は、患者の生きた情報を得るのに非常に大切です。面談の前に診療録から情報を収集し、それをもとに患者と面談を行うことになるのですが、診療録から情報収集できても、特に薬物治療において重要な内容については対面でじかに患者さんから話を聞けるという絶好チャンスです。入院前の薬歴や薬の禁忌、副作用歴、アレルギー等について話をすることで、より細かな情報が得られる可能性もあります。また対面で話すことにより、患者さんの体調はもちろん、性格なども把握でき服薬指導に役立てることもできます。
患者との面談は、事前に診療録をみて情報収集して内容を把握しておくことはもちろんですが、それ以外にも医師や看護師など普段からその患者に接しているスタッフから直接情報を得ることも1つの有用な手段です。また病棟内のカンファレンスから効率よく情報収集することもできます。診断名や既往歴、入院前の薬歴や禁忌、アレルギー歴や副作用歴など、事前にわかるものはメモしておきます。診療録を病棟まで持参する場合もあります。


患者さんとのコミュニケーションの重要性

患者さんと面談するときは、医療スタッフである前に、人間として不愉快な思いを患者さんにさせてしまうことのないように気をつけなければなりません。病棟訪問時はあいさつをして入室許可を得てから簡単な自己紹介をして患者さんの確認をしたうえで、訪問目的を告げて同意を得るといったようにするとよいでしょう。もちろん身だしなみをきちんとしているということは言うまでもありません。場合によっては症状やその経過、過去の医薬的な情報を聞き出すだけでなく、患者さんの不安や心境についても直接確認することができます。そのためには、患者さんが自分の言葉で自由に答えられるような質問と同時に、わかりやすい言葉でやさしく話をし、共感的な態度とともにじっくりと傾聴する等、患者さんが話しやすい雰囲気作りというものが非常に大切になってきます。


調剤薬局でも初回面談は大切な情報源

病院ではなく調剤薬局では、はじめて来局された方でも患者さんからお薬手帳という情報を得ることができます。しかし処方箋やお薬手帳からだけだと情報が不十分になってしまうため、新しく来局された患者さんには初回質問票を記入していただくこともあります。しかしこの場合も病棟の場合と同じように、患者さんと直接話をするいい機会です。質問票からでは得られないより詳細な情報について、ちょっとしたエピソード話に重要な情報となるようなことがあったりします。経験がある薬剤師だと、患者の表情、しゃべり方や振る舞い方などを注意深く観察し、患者さんの体調や性格なども把握しています。面談は書類だけでは伝わってこない患者情報を集め、患者との信頼関係を気づくためにとても重要です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング