将来は在宅医療も!?その可能性が期待される調剤薬局

公開日: 2015年02月20日
著者: 薬ハピ編集部
Admin
プロフィール
  • 薬ハピ編集部

調剤薬局の主な業務内容

調剤薬局と一言でいっても、全国に数百店舗をもつ大手調剤チェーンから、数十店舗で展開する中小規模のもの、そして個人経営の薬局まで様々です。総合病院や大学病院、クリニックの付近に立地することが多く、また個人経営の調剤薬局などもありますから、仕事内容や雇用形態、薬局内の設備やシステムなどもそれぞれに違います。教育研修制度を設けているところなどもありますから、会社や薬局ごとの特徴をよく理解して、自分の希望条件に合った職場を選びましょう(なお、漢方薬局やドラッグストアについては別ページで解説していますので、そちらをご参照ください)。

さて、調剤薬局では以下の3つが主な業務内容となります。

  1. 調剤業務 (受付→入力→調剤(疑義照会)→監査)
  2. 服薬指導 (服薬指導→会計)
  3. 薬歴管理


1.調剤業務

病院など医療機関の医師が出す処方箋をもとに、薬を調剤する業務です。患者さんの持参した処方箋の受付し、システムに入力します(薬局によっては医療事務が代行する場合もあります)。 処方箋を見て、重複している薬はないか、相互作用に問題はないか、使用してはいけない薬が出ていないか等をチェックしてから調剤します。もしこの時点で疑義が生じたら、処方元に医師に疑義照会の問い合わせをします。そして、監査では薬が処方箋通りにきちんと調剤されているかを確認します。


2.服薬指導

患者さんに処方した薬の服用方法・効能・保管方法を説明したり、健康状態によってアドバイスをしたり、病気の予防に有効な薬の情報を提供したりする業務です。また、一方的に調剤を受け渡すだけでなく、患者さんから薬の情報を集めるのも仕事です。薬の副作用や効き目、安全性などに問題があれば、そうした情報を聞き取り、医師にフィードバックするのも大切な業務です。問題がなければ、患者さんへ服薬指導を行います。薬の用法、用量・効果・副作用等について説明する一方、患者さんが副作用を持っていないかを確認もします。問題がなければ、会計をします。


3.薬歴管理

患者さんごとに、副作用も含む薬の服用履歴を管理する業務です。薬歴を記入しますが、今は紙薬歴・電子薬歴の2種類があり、薬局によって異なりますので、その職場でのやり方に従います。この時、服薬指導の内容、患者さんから質問等を記録します。そして、次回以降来局された際に副作用が出ていないか確認し、薬歴を参照しながら、さらなる適正な調剤を行っていきます。


調剤薬局のタイプ

調剤薬局の基本的な業務は、どこでもそう大きくは変わりません。ただし、働く場所という意味では大きく分けて以下の2つのタイプがあります。

一般外来対応型

一般的な調剤薬局です。一般外来の患者さんが医師の発行した処方箋を持って来局し、それを見ながら調剤し、手渡します。


在宅医療連携型

近隣の病院やクリニックと連携して、患者さんのいる施設や個人宅へ伺う業務です。ドクターに同行して患者さんのいる場所へ往診に行き、処方箋が出されたあとの調剤業務、服薬指導などを担当します。在宅医療には大きく分けて「居宅(個人宅)」と「施設(介護老人保健施設)」があり、特に「居宅(個人宅)」の場合は、患者さんの心と体の自立支援をご家族と一緒になってコミュニケーションを取りながらサポートしていくことが大切になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング