医療従事者としての薬剤師倫理規定

公開日: 2015年02月20日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
倫理は、人として守らなければいけない社会ルールや行動規範で、広義の意味では法律も含まれます。日本薬剤師会では、薬剤師倫理規定を出していて、その中で薬剤師は医療の担い手の一員として、人権の中で最も基本的な生命・健康の保持増進に寄与する責務を担っているとしています。

高い倫理が求められる薬剤師の仕事

薬剤師は医療関係者として特に気をつけなければならないこととして、「医の倫理」、「薬の倫理」というものがあります。社会は法律さえ守れば良いというものではなく、人として守るべきルールがあり、特に生命関連の仕事に従事している医療関係者はより高い倫理に対する意識が必要になります。

「医の倫理」とは、“ヒポクラテスの誓い”が基本的な考えになっています。、その中では、「患者に対する措置は患者の必要と利益のためにのみ行い、いやしくも患者に危害を招くような措置は戒めてこれを避けること」とされています。そして、この「医の倫理」が薬関係者に求められた場合、一般的に「薬の倫理」と言われます。

医薬品のQESU(Q:医薬品の品質、E:医薬品の有効性、S:医薬品の安全性、U:医薬品の適正使用)を確保するためには、薬は生命・健康維持への不可欠性があり、危険性を含んでいて、情報や知識については患者の劣位性があるということを十分考慮した上で、社会的影響力も考えなければなりません。薬剤師に関連した倫理については、医療法や薬剤師法をはじめとしたいろいろな法律の条文にも記載があります。


日本薬剤師会から出された薬剤師倫理規定について

薬剤師に関連した倫理については、様々な法や規定で書かれています。

日本薬剤師会からは、「人々の信頼に応え、医療の向上及び公共の福祉の増進に貢献し、薬剤師機能をまっとうするために」という薬剤師倫理規定が出されています。これには「生涯研鑽し後進の育成に努めるとともに最善尽力の義務」が求められています。さらに、法令順守はもちろん、地域医療への貢献や職能間の協調にも努めるように記載されています。

医療法では「薬剤師は良質かつ適切な医療を行うよう努めなければならない。」とし、さらに「適切な説明を行い、医療を受ける者の理解を得るように努めなければならない。」と記載されています。

薬剤師法では、「薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることにより国民の健康な生活を確保するものとする」とされています。

薬事法では、「薬局の管理者は、薬剤師その他の従業者を監督し、その薬局の構造設備及び医薬品その他物品を管理し、その他その薬局の業務につき、必要な注意をしなければならない。」となっています。

刑法では、医師、薬剤師、医薬品販売業者、助産婦、弁護人、公証人又はこれらの職にあった者が、正当な理由なく業務上取り扱ったことについて知り得た人の秘密を洩らさないこと。」とあります。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング