先進医療が行われる流れとその現状

公開日: 2015年02月20日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
先進医療とは、先端技術を用いた医療のことを言います。大学病院など厚生労働大臣が定める基準に適合した医療機関で行われる、厚生労働大臣が承認した先端医療です。先進医療は、有効性及び安全性を確保する観点から、医療技術ごとに一定の基準をクリアした保険医療機関が届出を行うことになっています。先進医療は、一般の保険診療と併用ができるようになっています。その条件は厳しくなっていますが、通常行われる保険診療の部分については保険適用となります。プラスアルファの先進医療部分の技術料は、先進医療の種類や医療機関によって異なります。

先進医療の果たす未来の医療での役割

先進医療は、患者が希望して、医師がその治療の必要性と合理性を認めた場合に行われます。先進医療を受ける側の患者は、医療機関から治療内容や費用について十分な説明を受け、内容を理解し同意書に署名する必要があります。したがって、医療機関の説明責任は非常に大切になります。

先進医療は治験としての側面もあります。厚生労働省が先進医療としている技術は2014年12月1日現在では105種類あります。先進医療技術は、有効性がある程度明らかな先進医療A(59種類)と、患者数が少ない疾患の治療薬で医師主導の治験が行いやすいように指定されている先進医療B(46種類)があり、定期的に評価され、さらに評価を継続するか、削除するか、保険診療として申請していくかが判断されます。

日本で最先端の治療法を受けようとすると、まず既存の治療薬や検査と比べて有効かつ安全であるということが証明されなければなりません。厳格な条件によって試験が行われ、その結果、有効性と安全性が認められなければ、国内で導入するという手順を踏めません。その結果、評価が定まるまで治療が受けられなくなってしまい、海外とのタイムラグが生じてしまいます。そこで先進医療をスムーズに日本国内に導入していくために先進医療制度があるのです。

先進医療は、指定されている技術に対して、それぞれ必要な医療機器を所有しているなどの条件に合った医療機関が指定され、それぞれの先進医療に対して治療が受けられる医療機関の一覧が厚生労働省のホームページなどで探せるようになっています。


よく行われる多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術

先進医療の中で最も多く行われているものは、『多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術』です。これは白内障の手術で、老眼も同時に治療してしまう手術法です。一般に白内障の手術は、濁っている水晶体を超音波で散らし、人工レンズを入れる方法がとられますが、この時入れる眼内レンズは2種類あって、通常は遠方か近方どちらか1点に焦点が合うようになっている単焦点眼内レンズが用いられます。多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術では、この時、単焦点眼内レンズに代わり、遠方にも近法にも焦点が合わせられる多焦点眼内レンズを入れることで、手術後は、白内障の治療とともに老眼の症状を抑えられ、患者のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)の改善に貢献できるようにしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング