時間外加算等、さまざまな時間による調剤加算

公開日: 2015年02月20日
著者: yakujiman
Yakujiman
プロフィール
  • yakujiman
  • 製薬会社の学術関連部門・薬事関連部門にて、製品の学術資料・パンフレットの作成、通知・通達のチェックと情報収集、添付文書・製品表示の原稿作成、製品広告のチェック等の仕事をしてきました薬剤師です。関連する業界の情報等を集め、管理薬剤師のためのマニュアル等の作成も行ってきました。今まで携わっていた製品は、医療用医薬品・一般用医薬品の他にも、医薬部外品・化粧品、サプリメント、衛生雑貨、試薬といった幅広い分野に渡っています。
医療機関を受診する場合、診察・調剤の内容が同じでも、支払う額が異なる場合があります。これは時間外の加算によるもので、時間外の加算の種類は、「時間外」「休日」「深夜」の3種類あります。つまり、時間外だと加算分だけ余計に料金を請求されてしまいます。加算は種類によって、また初診・再診の違いや調剤技術料によって金額が異なってきます。

時間外加算と夜間・休日等加算について

時間外の加算の中で、医療機関によって異なってくるのが、「時間外加算」です。医療機関が届出している診療時間・調剤時間以外に業務を行った場合に加算されるものです。「休日加算」は、医療機関を問わず、国民が休みである日曜日・祝日・12月29日~1月3日の6:00~22:00に診療・調剤を行った場合に加算されます。「深夜加算」も、どの医療機関でも22:00~6:00のサービスに対して加算されます。

ところが、「時間外加算」は、医療機関の診療・調剤時間によって異なってきます。標準としては概ね6:00~8:00、18:00~22:00及び終日休業日となっている場合に算定されます。一方、土曜日の午後や休日に通常業務を行っている薬局に対しては、「夜間・休日等加算」というもので、報酬を手厚くしています。これは19:00~8:00(土曜日の場合は13:00~8:00)及び休日又は深夜であって、当該保険薬局が表示する開局時間内の時間において調剤を行った場合、処方箋受付1回につき40点加算できるようになっています。この加算は、開局時間を当該保険薬局の内側及び外側のわかりやすい場所に表示するとともに、夜間・休日等加算の対象となる日及び受付時間帯を薬局内のわかりやすい場所に掲示することが条件になっています。


拡大しつつある24時間体制の調剤薬局

加算算定の基準は、患者が来院・来店したときの状態で判断されます。患者が入ってきた時に業務体制を解いていかどうかによって違ってきます。平日19:00まで開局している薬局に、19:00を少しすぎて患者さんが入ってきた場合では、このとき業務体制を解いていたのであれば業務時間外となり、時間外加算を算定することができます。しかし、業務体制を解いていないのであれば業務時間内の扱いとなるので、「夜間・休日等加算」が適応されることになります。

最近増えはじめている24時間開局薬局については、原則時間外加算はできないということになりますが、もっぱら夜間救急医療確保の目的や、客観的にみて休日や深夜の救急医療確保の目的であるとみなせるものについては、時間外加算等を算定できるようになっています。厚生労働省は、在宅医療推進という流れも含め「24時間体制」を促していこうという方向で「夜間・休日等加算」等の新設によりインセンティブを与えています。調剤大手企業もこうした動きに対し、体制を整えてきています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Crown 転職サイト比較 ランキング